« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月19日 (金)

天地真理67 ひとりじゃないの (2)声の調子

当時天地真理さんが「ひとりじゃないの」をテレビで歌う姿を、
今では考えられないほど頻繁に見かけた
が、  
私はそれを見て、
痛々しい気持ちを持ったことを思い出す。
明らかに歌い過ぎと過労でガラガラになった声を、
それでもバックオケの音に負けまいとはりあげ、
しかも自分の声の不調自体さえも微笑み飛ばしてしまうかのような、
曇りのない笑顔で歌い切っていた、
今から振り返ると、そんな印象を持つ。

YouTubeに当時の記録がいくつか残されている

シングルレコードでは最初こそトランペットが鳴るものの、
エレクトリックキーボード、ギター、ストリングスなどが、
歌の微妙な味わいを引き立てるよう、デリケートな伴奏をしているのだが、
テレビで見た当時のステージでは、
これ見よがしでひっきりなしの騒々しいドラムと威勢の良い金管群が、
似つかわしくない高速テンポで、これでもかとあおっているように思えた。
それは、この曲に対しても、この歌手に対しても、無残としか言いようのない仕打ちをしているように見えた。
天地真理さんは歌が下手だ、音痴だ、というイメージが一部にできたのも、この頃のせいだと思う。
1972年の紅白歌合戦での映像を見ても、その声の不調は痛々しいほどだ。
ある意味これは、流行歌手の勲章のようなものでもあり、
他の同業歌手は、我々が思うほど気の毒には思わなかったのではないかと推察されもするが。

その映像を今振り返ってみると、
むしろ声が不調であることを伴っているから一層、
そのことを一切悪びれることなく、臆することもなく、恥ずかしがることもなく、
不思議と、実に堂々と歌いきっているように感じられる。
紅白歌合戦という場で、とにかく精一杯やることは当たり前なのだが、
今になってみると、この自信に満ちあふれたかのような、堂々たるふるまいはどこから来たのか、
どうして出せるものなのか、という疑問まで湧いてくる。

私はその頃、いくら音程がずれても、声が出なくても、
不思議とこの歌手のことを歌が下手だと思ったことはなかった。
ピアノ演奏を聴くときにも時々そのような経験があるのだが、
ミスがなく、卒がなくとも、また思い入れたっぷりに弾いているようでも、
何故か感動がなく、うまさ
感じないこともあれば、
ミスがあっても、調子が悪そうでも、
どこか惹きつけられたり、この人は本当はうまいんだなと感じることがある。
もちろんアマチュアでもプロでも、ミスや不調がないに越したことはないのだが、
うまい人、音楽心のある人の調子の悪い時の演奏と、
もともと下手な人の演奏とは明らかに違うと感じられるのだ。
それはそのひとがうまいということを前もって知っていることが大きいこともあるだろうが、
初めて聴く人の場合でも、ミスが多くとも、音楽の端々にうまさの一端を感じることができることも確かにある。
それは名演奏家と呼ばれるプロの演奏でも、素人の発表会でも同じだ。
私は当時若輩ながら、
この人はどこか無理をしているように見え、
やわらかいいい声をしているのだから、
そこまで声を張り上げなくてもいいのにと思ったりしたものだ。

ただ、当時実力派とされていた歌手は、
概ねかなりの下済み経験を積んだ上でのヒット、という手順を踏んでいることと比較して、
いくら音楽学校でレッスンしていたといっても、プロとしての実践経験がさほど多くないまま
とんでもなくブレークしてしまった点は認めざるを得ないと思う。
声自体のタフさもそうだが、喉や体調の管理、本番へ向けての準備の仕方、
自分の声の特長を理解したある種のこだわりなどは、
まだ未熟であったことは想像に難くない。
そんな準備など到底できるようなものではない酷使のされ方であったことを
第一に認めるとしても、
どんな状況でも、どんな伴奏でも、歌を自分の世界へ引き込み、
自分の特長にこだわりきって、高レベルのパーフォーマンスを示せる、
「器の大きな歌手」になるまでには、まだ至っていなかったかもしれない。

今振り返って、YouTubeにあるテレビ出演での歌唱と、
同じくYouTubeに時々現れる1974~1976年代のライブ録音や
2つのライブアルバムを聴いたりすると、
天地真理さんは、テレビでの1曲のみの歌唱は、時に不安定になって実力を出し切れないことが他にもあり、
一方、スタジオ録音はもとより、同じテレビでも数曲を歌う特集番組やライブステージなど、
状況に慣れて歌に集中できる環境では、すばらしい実力を発揮していたような印象を抱く。
テレビで歌ったこの歌、ということで言えば、
1974年に小柳ルミ子さんと出演したNHKの「ビッグショー」での歌唱が出色である。
バックのバンド演奏は決して好ましい伴奏ではないが、
比較的良い状態の声に乗って、この歌本来の味わいを聴くことができる。


  この1974年10月13日放送の「ビッグショー」では、自身のヒット曲の多くを歌っているが、
  YouTubeで聴いた限り、どれも素晴らしい出来で、
  復刻をお願いしたい番組の一つである。
  
結局のところ、客観的に見れば、どんな場面でも、単発でも即興でも、
常に器用にこなす人、というよりは、
きちんと準備し、リハーサルをこなせば、素晴らしい実力を発揮する、
少々不器用だが奥深い実力を持った歌手、というところではなかったか。


  言うまでもないが、きちんと準備すればだれでもいい作品を残せる、と言えるほど
  芸術の世界は甘くないだろう。
  もちろん常に実力を十分に発揮できることは、プロとして望ましい重要な資質だが、
  それがその芸術の質につながるかと言ったら、それは別問題だろう。
  芸能としてはともかく、芸術として捉えた場合、
  到達したものの偉大さは、たとえそれが一瞬であっても、1回限りであっても、
  その到達したものの質で測られるべきであって、
  その平均値であったり、平凡なものの安定した繰り返しではないはずだ。

少々脱線してしまったが、この歌で天地真理さんは、
第3回日本歌謡大賞放送音楽賞第14回日本レコード大賞大衆賞をとり、
紅白歌合戦に初出場した。
そのような一見華々しい成果もさることながら、
当時はそんなことは考えもしなかったが、
歳を重ねてから「プレミアムボックス」を手に入れて改めて聴いて感じるこの歌の価値は、
もっと大きかったのではないかと、今は考えさせられる。
そんなことについて、次は触れてみたい。

2012年10月12日 (金)

天地真理66 ひとりじゃないの (1)年間アルバム売上

「ひとりじゃないの」 作詞: 小谷夏、作曲: 森田公一、編曲: 馬飼野俊一


この曲はシングルレコードとして、自身の最高のセールスを記録したとのことで、
天地真理さんの最大のヒット曲とされている。
残念ながら私は、そのシングルレコードセールスには当時貢献しなかったが、
当時片田舎に住んでいた私にも、主としてテレビを通じてその勢いは伝わってきた。
そして、恐らくそれによって、
天地真理さんといえば「ひとりじゃないの」が代表曲であるというイメージが
私の中には出来上がったように思う。
この曲は東日本大震災の復興応援ソングとして使われたことからもわかるように、
普遍的なメッセージソングとしても認められている曲だが、
ここでは、この曲にまつわるいくつかのことについて、私なりに考えてみたい。

前シングル「ちいさな恋」に続いてこれもオリコン週間シングルチャート1位を取ったのだが、
天地真理さんはこれらによって、創立4年のCBS・ソニーにとって、
初の「1位獲得アーティスト」の称号をもらっているとのことだ。
この曲を出す頃には、真理さんはCBS・ソニーとしても最も力が入る立場にあったわけだ。

興味深いのは、当時のLPレコードの方の状況である。
オリコンの1972年の年間アルバムヒットチャートベスト10によると、
この年1位(水色の恋/涙から明日へ)と3位(ちいさな恋/ひとりじゃないの)に
天地真理さんのLPが入っているのだが、その他の顔ぶれをみると、
日本人では、よしだたくろう(2位)、小柳ルミ子(6位)、布施明(9位)、とあり、
それ以外は海外のアーティスト、サイモン&ガーファンクル、カーペンターズ、
ビートルズ、ポール・サイモンとある。
年間で、洋楽も含めたベスト10で、しかも特に洋楽の面々が
私からすると歴史に残る錚々たるアーティストであって、
そんな中で1位と3位を取っているこの事実には感慨を持たないではいられない。
また、ちょっと意外なことだが、当時3人娘とうたわれた方々で、
年間アルバムヒットチャートベスト10に入ったのは、
上記に挙げた小柳ルミ子さんがライブ録音のもので6位に入ったのみで、
南沙織さんは入っていない。
人気があっても、またシングルが売れても、必ずしもアルバム年間トップ10を取れるものではないようだ。
大胆にいえば、この時期天地真理さんは、アルバムをこそ買うべきアーティストだと認められていた、と言ってしまえなくもない。

ちなみにその前年(1971年)のベスト10に入った日本人アーティストは、
クール・ファイブ/藤圭子、森進一、尾崎紀世彦、であり、
天地真理さんをアイドルとしてみなすには少々異質な存在であったことが窺われる。
この後、女性アイドルとしてみなされた歌手でベスト10に入った方を挙げてみると、
チェリッシュ、荒井由美さん、ハイ・ファイ・セット、中島みゆきさん、久保田早紀さんらは別として、
ピンク・レディー(1978年1位、ただしベスト・ヒット・アルバム)、
松田聖子さん(1980年8位、以降1位はないが数回ランクイン)、
中森明菜さん(1983年4位、8位、10位、以降1位はないが数回ランクイン)、
荻野目洋子さん(1987年1位)、
などとなっている。
1970年代での比類のなさ、
また時代が進むにつれて、そこに現れるアーティストの顔ぶれ、種類、
アルバム販売側の戦略、アルバム購入層の意識、
なども変わってきていることから考えると、
天地真理さんの年間アルバム1位と3位がいかに突出した実績かということが
認識されるのではないだろうか。

天地真理さんのアイドルとしての爆発的人気はまだこれからなので、
「時間ですよ」というテレビドラマでのイメージの大きさは否定できないものの、
また年間3位となった方のアルバムには本人のナレーションとピアノ演奏の入った
シングルレコード付きという特典があったものの、
その後の大方のマスコミイメージに反して、まずその歌が大衆の心をとらえるところから
この方の経歴は始まってもいたという事実を、これは刻印しているといえるだろう。
平たく言えば、「となりの真理ちゃん」というキャッチフレーズのもと、
親しみやすさと、ちょっととぼけた雰囲気を感じさせるドラマのイメージと同時に、
それまでのシングルレコードやドラマ中歌などを通じて、
歌をきちんと聴いてみたい歌手としても認知されていた、と言えるのではないか。
そして、その一方で、
天地真理さんの人気そのものは、1972年後半、1973年と、
より大きなものになっていったにもかかわらず、
またシングルレコードはその後も1位を取っていたにもかかわらず、
年間アルバムチャートベスト10にその名が現れることがなくなったのは何故なのか、
という疑問もわく。
その後のアルバムそのものの出来を見ても、
それまで以上に洗練されたものになっていっていて、
繰り返し聴くに値するものが増えこそすれ、
決して質的に劣るものではないと思えるのだからなおさらである。
もちろん、その後急にアルバムが売れなくなったわけではなく、
続くアルバムも週間チャートではそれぞれ2位、1位、1位と続いたわけだが、
1972年のファースト、セカンドアルバムの年間の輝かしさと、
1973、4年の人気のより一層の大きさを対比してみたとき、
なぜか釣り合わない不自然さを感じてしまう。

一つの解釈として、当時LPレコードは、
洋楽や井上陽水さん、小椋桂さん、荒井由美さんのように、
音楽そのもののクオリティで勝負している、という印象があるものをLPでこそ聴くべきという、
音楽好きのステータスの一種として扱われてきた感がある。
そして、「ひとりじゃないの」の後に続く天地真理さんのヒット曲、
「虹をわたって」「ふたりの日曜日」などが、
清純アイドル路線や、ある種のイメージ(メルヘンチックで、恋愛や人生の深いところへは立ち入らない、など)を守るため
周到に用意されたものとなっていったことや、
「真理ちゃんシリーズ」などのテレビのバラエティー番組でのイメージが、
”音楽そのもののクオリティで勝負している”という印象や、
”LPでこそ聴くべきという、音楽好きのステータス”から逸脱してしまったと
受け取られたのではないかとも考えられる。
とりわけ「真理ちゃんシリーズ」の影響で、
拡大した人気は、かなり低年齢層への広がりであったことも影響した可能性もある。
拡大した低年齢層への人気の維持のための戦略と、
それまでのアルバムセールスに貢献した成人に近い層への戦略の両立の困難さは、
アルバム企画側としては大いに悩まされたことは想像できる。


  断っておくが、YouTubeで知ることができる「真理ちゃんシリーズ」での挿入歌などでは、
  天地真理さんは、その歌のジャンルは子供っぽい分野に偏ってはいるものの、
  ことごとく素晴らしいと思える歌唱を見せていて、
  歌唱の質的なものは、決して評価を損ねるものではなかったはずだ。
  むしろこの方の歌を再評価する上でも、この「真理ちゃんシリーズ」の復刻は
  大きな役割を果たすだろう。

当時テレビに出ないアーティストのLPが売れる、といったようなフレーズを聞いたことがあったが、
確かにいつもテレビで見れるならそれ以上アクションを起こす必要はないといった心理が
働くことも否定はできないものの、
テレビに出過ぎる、ということ自体よりも、
拡大した人気の相手のかなりの部分がLP購入層ではないことや、
テレビでのイメージと、LP購買層の動機とのずれが生じていったことなどが
影響したのではないかと思われる。

一説によると、天地真理さんの人気の陰りは、
その後に現れた、親しみやすさを売りにしたアイドルや、
「スター誕生!」などから見出された未成年アイドルなどに脅かされたことが挙げられることがあるが、
それらの中には歌手としての実力がある人もいたにもかかわらず、
上記の年間アルバムチャートベスト10にはあがらなかった事実を見ると、
歌手としての受け入れられ方も含めた存在の大きさの観点からは、
天地真理さんを脅かす存在は、松田聖子さん、中森明菜さんが現れるまでは、
いなかったと考えられるのではないか。
そして、天地真理さんの歌手としての、内実と大衆理解との隔たりは、
あまりに、しかも広い層に急に人気が出てしまった運命のいたずらであったり、
アイドル性と歌手としての価値の双方に比類のないスター性をもつアーティストに対しての、
前例がないゆえの、より息の長い活動のための戦略の稚拙さ、
にあったのではないかと考えれば、少しは納得がいく。


天地真理さんの歌手としての評価を、年間アルバム売上実績にすがって考えてみたが、
当時の人気の凄さとアルバムの良さが、なぜその後の歌手としての評価に結び付かなかったのか、
自分を少しでも納得させるために、ついつい考えてしまった。
そろそろ本題の「ひとりじゃないの」という歌について触れていきたい。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ