« 天地真理63 ちいさな恋(3) | トップページ | 天地真理65 ちいさな恋 Piano Arrange »

2012年5月19日 (土)

天地真理64 ちいさな恋(4)

昨年のファンの集いで、あるファンの方がご本人に、2番目に好きな曲は何ですかと尋ねたところ、
この「ちいさな恋」をあげられたと語っておられた。
本当にこれが2番目に好きなのか、
好きな曲は他にもいろいろあるから、とりあえず2番目のシングルということとかけて
この曲を挙げられたのか、その真意の程はわからない。
ただ、天地真理さんにとってこの曲は、シングルレコードで初めてオリコン1位を取った曲である。

   彼女が1位をとったのはこれが初めてではなく、
   全曲がカバー曲で占められたデビューアルバム「水色の恋/涙から明日へ」が、
   このセカンドシングルが出る前の1972年2月にアルバムチャートで1位を獲得しているとのことだ。
   このファーストアルバムは、通算13週(つまり3ヶ月以上)に渡り1位を取っていて、
   1972年の年間アルバムチャートでは、よしだたくろうさんを押さえて首位を獲得したそうだ。
   アルバムで1位を取るということは、歌手としてとても栄誉なことであると思う。
   それとともに、この歌手への正当な評価として、これ以上のものはないとも言えるだろう。
   しかもファーストアルバムである上に、シングルレコードが大ヒットするよりも前に
   これを達成したということだが、ご本人はこの事実をどのように感じておられたのだろうか。
   また、このファーストアルバムを当時買われた多くの方々は、
   どのような思いでこの新人歌手の歌を聴き、そして今どうしておられるのだろうか。

デビューシングル「水色の恋」が最高でオリコン3位までとのことだ。
何でもそうだが、1位とそれ未満の差は、印象として大きく異なる。
この曲を好きな曲の2番目として挙げられたことは、
やはり真理さんとしても、
このセカンドシングルが初のオリコン1位を獲得したありがたさを、
印象強く思っておられることの表れでもあるように思う。

さらに、この曲はシングルのA面曲として初めて、真理さんのために作られたオリジナル曲である。

   オリジナル曲としては、デビューシングル「水色の恋」のB面曲「風を見た人」
   (作詞:安井かずみ、作曲:村井邦彦、 編曲:森岡賢一郎)
   が既にあった。
  
印象深い気持ちがあって当然だろう。

ただ、単に2番目という以上の意味がこの作品にはあったように私には思える。
ファーストシングルのA、B面の曲から打って変わって、
この歌手を如何に売り出すかを考え、その後のアイドル路線に通じる
初々しさと未成熟な恋愛意識のような情感をテーマとして作り上げた歌詞、という点だ。

しかしそれを歌い上げるこの声は、どこかいぶし銀のようであり、
ヴィンテージ・スタインウエイのよう、と言ってもいい。
それはほとんど、この作り上げようとした企画イメージとはちぐはぐで、
アンバランスに感じられてしまうほどだ。
もっとも、この「アンバランス」というイメージは、
その後の「アイドル」たちが作り上げていった
この手の歌を歌う時に用いるニュアンスや歌い回し方が、
私自身の中で暗黙の基準となっているふしがある。
そのような先入観(いや後入感)を抜きにすれば、
むしろこの誠実さ、真っ正直さが
この歌、この歌詞にぴったりだと思えなくもない。

その後の天地真理さんのように”はじけ切っていない”と感じられる一方、
だからこそ天地真理さんの素の魅力として、
とても貴重で、味わい深いと言えるのではないか。


YouTubeに、当時の歌番組での、この歌の歌唱の動画が残されている。

「ひとりじゃないの」以降の、アイドルとして練り上げられた華やかさはないが、
とても上品な、大人のお姉さんが歌っている、といった感じがしたものだ。

歌い方がとても誠実な感じで、
ピリピリと
声を微妙にコントロールしようとしている様子も見て取れる。
ハの字まゆで、目をぱちくりしながら、少々ぎこちない笑顔を交えて歌う姿は、
後の、堂に入った表情での歌う姿に比べると、

この歌のテーマにぴったりで、とても初々しい。

私はある時期、「ひとりじゃないの」以降の、
はじけるような明るさと天真爛漫さを前面に出した輝かしい姿に、
アイドルとしてあまりに演出されすぎた辛さのようなものを感じてしまい、
それとの対照として、この「ちいさな恋」を歌う初々しい姿が、
この方が本来持っている、かけがえのない純粋さ、さりげなさ、ひたむきさを見事に示すものとして、
これこそが本来の天地真理さんなのだと勝手に決め付け、
ホログラムにして大切に取っておくべきもの、などと考えていたことがあった。

それとともに、彼女が得た人気というものに対し、
実は心からの誇らしさを感ずる一方、
後の展開を考えると、恨みにも似た割り切れなさを感じることもあった。

そこには、ここから別の展開もあったはずだ、
あるいはこれから大きく逸脱しなければ、かえって息の長い歌手生活ができたのではないか、
などという思いも含まれていた。


もちろん、何が本来の姿かなどわかるべくもなく、
また、彼女が得た人気は、
天真爛漫さも含めた、彼女自身の中にある様々な魅力に対する正当な評価であって、
それは彼女にとってもかけがえのないものであったこととして、今は納得できる。
それだけでなく、
「不世出の証」の項ですでに述べたように、
「ひとりじゃないの」以降のヒット曲についても、
今はそのすばらしさを冷静に評価することも出来る。


ただ、この、彼女だけのために作られた「ちいさな恋」という歌のシングル版の中で、
 ”ちょっとこわいの”とつぶやく彼女自身の言葉が、
1回目は何の陰りもなく爽やかに響く一方、
2回目に発せられる時は、微かに不安や戸惑いを感じさせるニュアンスを含んでいて、
それはもちろん、この歌詞本来の雰囲気を見事に表出していて、
それ以上でもそれ以下でもないことはわかっているのだが、

結果として、周到に練られた”真理ちゃん”路線に踏み出していく”ちいさな一歩”への
言い知れない恐れまで、期せずして象徴しているかのように感じられてしまう。


この地味で、ちぐはぐで、アンバランスに思える作品は、
それでも
どこか頭から離れない歌声、音楽フレーズ、アレンジ、
そして歌詞の魅力を含んで
いて、
爆発的人気を獲得する前夜の偶然と必然のようなものまでをも感じさせる、
とても印象深いものとして心に残り続けるだろう。

« 天地真理63 ちいさな恋(3) | トップページ | 天地真理65 ちいさな恋 Piano Arrange »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

真さん、こんばんは。
これ以上は望めない楽曲解説を読ませていただき、ありがとうございます。「ちいさな恋」は私が人生で2枚目に購入したレコードで、40年後の今聴いてもどこかミステリアスな魅力にあふれています。ご紹介のYoutube動画には、本当に初期の真理さんの魅力がすべて凝縮されているような気がします。
「ひとりじゃないの」以降のヒット曲は多くが森田先生によるものとなり、ワビサビ的要素を含んだ浜口先生の路線からより分かりやすくメルヘン的な路線へと一気にシフトしていきました。ファン層を広げ、不動のNo1アイドルとしての地歩を固めていこう、という戦略の現れでしょうか。まさに大胆かつ「周到に練られた」感があります。デビューシングルから6枚目まで、一貫して平尾先生が作曲を担当されていた小柳ルミ子さんとは対照的です。
この後、社会現象と呼ばれるほど真理さんの存在が巨大化していくとは、プロデュースする側も想像できなかったかもしれません。それは今日で言う単なる「ブレーク」とは規模が違っていたと思います。

enkenさん
コメントありがとうございます。
「ミステリアス」とは、上手いことをおっしゃいますね。
確かに、この歌詞と曲調は、他愛のないことを扱っているようでいて、
どこかミステリアスで、それがこの歌の大きな魅力にもなっているように思われます。
しかも、デビュー間もないこの歌手に対して、
この歌手はどんな人なのか、これからどうなって行くのか、
ミステリアスに感じておられた方も多かったかもしれません。
真理さんは浜口庫之助さんの曲を他にも何曲か歌っていますが、
いずれも、とても相性が良かったと思います。

真さまが今回紹介なさったYoutube動画は、ステージ構成から見ると「夜のヒットスタジオ」のものであろうと思われます。(他番組でステージセットを使いまわしていた可能性もありますが)
「伝説の歌番組・夜のヒットスタジオを語る」というブログの主さまが、この番組の放送曲目データを公開しておられます。
それによると、真理さんが同番組で「ちいさな恋」を歌唱した日付は1972年2月7日となっています。もしそうであれば「ちいさな恋」の発売から間もない時期であり、まだそれほど歌い込んでいなかったことが、「ピリピリと声を微妙にコントロールしようとしている様子」につながっていたのかも知れません。
浜口先生作曲のナンバーは数少ないですが「ある日私も」、「涙くんさよなら」、「花と小父さん」どれも真理さんならではの聴かせどころがあって、素晴らしいと思います。

enkenさん
情報ありがとうございます。
凄いデータ量のブログですね。
浜口庫之助さんは1960年代にヒットメーカーとしての地位を確立した人で、
1972年時点では大御所ですから、
その人にシングルレコードを作ってもらうということは
期待の大きさと力の入れ様を物語っているように思います。
おっしゃるように真理さんが歌った浜口庫之助さんの作品は、
それぞれ特色が違いますが、どれも素晴らしいですね。
浜口庫之助さんは元歌手で、そのムーディーな歌い方は私も印象に残っていますが、
真理さんの声の音色やビブラートの余韻などからして、
通じ合えるものがあったのではないでしょうか。
とりわけ「花と小父さん」は、珠玉の名作だと思えます。

真さま
《ちいさな恋》のエッセイ4までもありがとうございます。この間の緑の季節に天地真理さんという空の色合いが刻々と変化していく、不思議な虹が浮かぶ、そんな感動がありました。
《ちいさな恋》は一人日記を開ける女の子の面持ちを感じてハラハラとします。
その頃私はこんな純情は欠片も無いコントのようなクラスで過ごしていましたが、聴けば自然とストーリーが浮かんで来たのは真理さんが舞台を創るように歌って下さったからでしょう。無条件に女性同士だからわかる、と言ってももし他の歌手だったらそう伝わったでしょうか。
初めて聴いたとき、前奏辺りで「30歳以降向けかな!?真理ちゃんそっちを見ないで」と心の中で願ったのを覚えています。
そう言えばジャズのニュアンスがあり、初音ミクもピッタリ、当時のオシャレ感と日本の美意識も感じられる《ちいさな恋》-真理さんからのメッセージとエッセイ1~4にそう印象を新たに致しました。また「ヴィンテージ・スタインウェイ」って?と、wikiを見て・・私には遠い世界・・でもしばらくして音楽のご趣味の方からスタインウェイや古典楽器の見学におさそいを頂きました。とてもうれしくその未知の世界に触れる日も楽しみにしているこのごろです。ありがとうございました。

lunoさん
コメントありがとうございます。
「一人日記を開ける女の子の面持ち」
「無条件に女性同士だからわかる」
やはり私のようなものが歌詞に深入りすることの危うさを感じてしまいました。
「30歳以降向けかな?」というのはわかる気がします。
曲のアレンジも、真理さんの声も、どこか大人びて聴こえます。
真理さんの声は初々しいはずなのですが。
ヴィンテージ・スタインウエイとはヴィンテージ・ワインのもじりなのですが、
音量を追求して作られた近代のスタインウエイ・ピアノに比べ、
1900年代前半に作られたスタインウエイの音は、
ちょっと鼻にかかったような、くすんだ音色を持っているものがあって、
ホロヴィッツやグールドが愛したように、
私もどこか惹きつけられます。
真理さんの声にも、大人びたとか、お姉さんのようなとかと形容される以上の、
独特の味わいがあるように思うのです。
癖がないのに、まろみと深みがあるというような。
ピアノの場合は、主としてそれは響板の木の材質によるものだと思いますが、
真理さんの場合は、その発声法だけでなく、喉を取り巻く構造と質(肉質?)によるのでしょう。
しかし最終的には、それをどう導いてどう鳴らすかという、頭と心に決め手があるということは、
ホロヴィッツが昔弾いたピアノを今のピアニストが弾くという企画を聴いてみると、
一味も二味も、いや全くと言っていいほど違うことからも、
明らかだと思われます。
lunoさんがスタインウェイや古典楽器を見学されて何を感じられるのか、
うらやましく、また楽しみに思います。

 「ちいさな恋TVバージョン」は、私もよく見ています。画質がとてもよく、40年前とは思えませんね。そもそも、当時、私の家のカラーTVは、こんなに鮮明な画像ではなかったと思われます。

 真さんのコメントにあるように、「ひとりじゃないの」以前の貴重な映像ですね。私が気になるのは、まず、髪形ですが、狼カットで、ちょい悪的なところは、地方から上京したばかりの小柳ルミ子や南沙織とは、ちょっと違う雰囲気。
 次に、所謂ステージ衣装ではなく、私服か、普通のOLさんのようで、ほんと、隣の真理ちゃんというのがピッタリ、「時間ですよ」のスタジオからステージに出てきたといった感じですね。次に、振り付けがなく、直立で自分の歌いたいように歌っていますね。

 このころの髪形や衣装には、十分自己主張が感じられ、また、「水色の恋」に続き、この「ちいさな恋」も、真理さんご本人の意向により採用されたのではないでしょうか。
 浜口庫之助が、最初から真理さんへの提供を意図して、この曲を作ったのではなく、ソングライターの浜口氏の曲に、安井氏が詩を入れ替えたような曲だと、私は勝手に思っています。
 浜口氏の演歌的フォークソングが、真理さんにとっては、最も自然体で歌えたのではないでしょうか。

 3番目のシングルが、浜口氏の演歌歌謡曲ではなく、新進気鋭の森田公一の担当になり、そして、万人受け、子供受けする髪形になり、可愛らしい振り付けをして、アイドル天地真理が完成したんですね。

 ところで、夜のヒットスタジオではないかとのコメントがありますが、ちょっと気になる点は、「指揮者がダン池田ではない」、「司会者らしき男性二人が映っているが、前田武彦、芳村真理が映っていない」、「スタジオではなく劇場のステージで、他の出演者が映っていない」、「夜スタにしては、YTが4年間も削除されていない」など、どうでもいいことですが、何の番組なのか、私はずっと気になっています。

chitaさん
コメントありがとうございます。
「夜のヒットスタジオ」のくだり、なかなか説得力のある考察ですね。
私はそれを後押しする知識を持ち合わせておりませんが、
「私服か」「振り付けがなく、直立で」などについては、
確かにほとんど無防備といっていいほどと感じられますね。
でもそんな中、時に見せる表情などには、確かな片鱗が感じられもします。
素人喉自慢の延長的な素朴な雰囲気で、
しかし人気上昇中の、ファンを意識する自覚も伺われます。
そして、何と言っても歌で勝負しようという意欲が、
何となく伝わってくる、とても好感が持てる映像のように思います。

あの後Youku.comで夜ヒットで歌われた「初めての涙」の動画を観たのですが、chitaさまご指摘のとおり雰囲気がだいぶ違うようです。ステージの奥にある井ゲタ状のセットが似ていますが、指揮者はダン池田さんとは体型も髪型も違う方ですし、夜ヒットで「ちいさな恋」のような広いホールは使われていなかったのですね。申しわけありません。
おそらくフジテレビの、他の歌謡番組ということになりますでしょうか。
ピアノのことはまったく素人なのですが、Youtubeに太田忠さまがスタインウェイで演奏されている、「恋する夏の日」がアップされていました。大変まろやかで、上品な音を奏でているのが印象的でした。

enkenさん
フォローありがとうございます。
太田さんは昨年のファンの集いでお会いしたのですが、
とても気さくにピアノ編曲のことなどを話してくださいました。
歌謡曲をピアノ独奏に仕立て上げるのは結構難しいと思っているのですが、
いつも確かなコード選択と上品な仕上げ方で、
私も毎回注目しています。
構想が固まれば、後は即興的に仕上げてしまえるような腕前をお持ちのようで、
既に多くの曲をアップロードされていますね。
海外のファンもおられるようですし、
これからも楽しみです。

真さん 
少しご無沙汰してしまいました。この記事もコメントをと思っていたのですが、ちょっと長めの旅行もあり、今頃になってしまいました。

「ちいさな恋」はたしかに「ミステリアス」な曲ですね。私もこの曲を「蕾」と表現しましたけれど、開くとどんな花になるのかわからない、でも何となくそれらしさは感じられる、という微妙な関係をそう表したのですが、同時に蕾には蕾独自の魅力・・・ちょっと控えめでひそやかな、しかし内側に生命が満ちてくるような(「一人日記を開ける女の子の面持ち」という表現は実にうまい表現です)・・・があるという意味もありました。
この時点ではソニーも渡辺プロもまだまだ手探りだったと思いますが、そんな過渡期に生まれた愛すべき佳曲ですね。

ひこうき雲さん
お忙しい中、コメントありがとうございます。
ひこうき雲さんがご自身のHPで、
この「ちいさな恋」を引き合いに出されて
「うた」について語られた文章を初めて読んだ時、
とても感銘を受けたことを思い出します。
私はここのところ、この「ちいさな恋」をピアノ編曲しようと四苦八苦しているのですが、
まさにおっしゃったように、
詩が曲(伴奏サウンド)と声、歌い方に乗って、
「うた」として表現された結果、
個々のサウンドや構造は単純でも実に豊かなものになっていくことが、
丸ごとピアノ独奏に置き換えてみることで、
かえって否応なく認識できます。
ひこうき雲さんは「天地真理に歌われることを前提に」書かれた詩、
と述べられましたが、
曲も「天地真理に歌われることを前提に」作られたかのようで、
まさにそれによって、私は大いに苦しめられているように思うのであります。

 天地真理の「ちいさな恋」は私が生まれて初めてなけなしの小遣いから買ったレコードです。当時400円でしたが、その頃の超高級料理ビフテキと同じくらいの価格でした。それまでピーナッツや園まり、黛ジュンなど幾多の歌手が世の中に出ていましたが、全く興味すらわかなかったもののちいさな恋を歌う天地真理を見たとき、子供心にちょっとした衝撃を受けたのを覚えています。本当に毎日学校に行く前にレコードが擦り切れるほど聞いていたように思います。それにしてもこんな貴重な画像を見ることができて感謝です。ウルフカットの天地真理は本当に懐かしい限りです。
 因みに夜ヒットで歌っている画像では…といった声もありましたが、もし夜ヒットでなければ井上順と由紀さおりが司会をしていた金曜日の「ゴールデン歌謡速報」か、水曜日の「ベスト30歌謡曲」かもしれませんね。スタジオの雰囲気からすると、前者のような気もしますが、真意は分かりません。

クローバーさん
コメントありがとうございます。
子供にして、ご自分のお小遣いで、歌の「超高級料理ビフテキ」をご賞味されていたんですね。
そういうワクワク感とのめり込み感の経験というのは、とてもいい思い出としていつまでも残るように思います。
この時期のテレビ映像はとても貴重なようで、
YouTubeにアップされたiowan2005lzinさんには本当に感謝です。
映像中の楽団のボックス前面に「8」と出ているので、
フジテレビ系の「夜のヒットスタジオ」か、ご指摘の「ゴールデン歌謡速報」かということになるかもしれませんが、
この辺はミステリアスにしておくのもいいのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/54552470

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理64 ちいさな恋(4):

« 天地真理63 ちいさな恋(3) | トップページ | 天地真理65 ちいさな恋 Piano Arrange »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ