« 天地真理62 ちいさな恋(2) | トップページ | 天地真理64 ちいさな恋(4) »

2012年4月27日 (金)

天地真理63 ちいさな恋(3)

「ちいさな恋」の歌詞について、
自分は最初からそう思っていたとおっしゃる方もおられる、
いや大半の方が、当たり前にそう思っておられた恐れがあるのも否定できないのを承知の上で、
あえて恥を忍んで記しておく。

  ”初々しさ、かわいらしさをアクセントとしているようでいて、
   また印象的な言葉を散りばめているようでいて、
   それらの脈絡が今一つつかみにくい、
つぎはぎ細工の体をなしている”

と受け取っていたこの歌の歌詞について、

妻のつぶやきが私に理解の糸口を与えてくれた。
たまに会えないのは、毎週会っている日曜日のことではないかというものだ。


  たまに会えない日もあるけれど
  それでもわたしは待っている
  ひみつの約束指切りは
  今度の日曜青い空
  ちょっとこわいの恋かしら
  赤い夕陽が今沈む
  (繰り返し)

  きいてみたいの一度だけ
  それでもわたしは黙ってる
  みつめる目と目はかくしても
  かくしきれないこの気持
  涙ひとつぶ恋かしら
  光る星空影ぼうし
  (繰り返し)

  なぜかゆれてるバラの花
  はずかしそうな恋の歌
  (繰り返し)

そう言われればそうかもしれない。
そして出だしの腑に落ちなさが、この歌全体に脈絡を感じる意欲を遮断していた状態から一転して、
この糸口は、私の頭を、素直にストーリーを追うように促してくれた。

まず毎週日曜日に会う約束をしていた。指切りをして。
そしてその日曜日には、だいたい会えるのだが、たまに会えないこともある。

それでも待っているのだ。
普通なら、たまにしか会えないのに待っている、となるはずの文脈だが、
毎週会う約束しているはずなのに、会えないこともある、それでも待っている、
という文脈なのだろう。


  (再考後記)
  毎週約束しているというのは、強引過ぎる解釈かもしれない。
  むしろ、次に会う約束をしている、しかしその約束をした日に会えないこともある、
  それでもその約束の日を待っている、
  という方が自然な解釈かもしれない。
  そして今回の「ひみつの約束」は「今度の日曜」だと、続けて告白していく。

  (P.S.2)
  「たまに会えない日もあるけれど それでも私は待っている」
  の部分の解釈について、
妻のつぶやきが私に理解の糸口を与えてくれたと書いたが、
  上に書いたものは、妻のつぶやきそのものというよりは、
  そのつぶやきによってひらめいた、私のある考え、と言った方が実際のところだ。
  思い返すと、妻の解釈はむしろ、
    よく出会える場所がある。
    例えばわたり廊下とか、朝の通学路とか、帰り道とか。
    そんなところを通ると
き、淡い期待に心が浮き立つ私がいる。
    あなたに会えるかもしれないと思うだけで、私は幸せな気持ちになる。
    約束しているわけではないから、会えないこともあるけれど。
  というものだったように思う。
  今度の日曜の「ひみつの約束」は、だから、そのような日々の出会いというよりは、
  もっと特別なもの、ということなのだろう。
  
今思えば、私はどうも「それでも私は待っている」ことと「今度の日曜日」とを
  無理に繋げようとしていたのであって、それにこだわらなければ、
  これもひとつの、なるほどと思える解釈と感じられる。

  
  
この部分は必然的に短調である。


「今度の」というからには、
日曜より前の日に期待を持って佇む主人公がいる。
「今度の日曜」が「青い空」となることを祈りながら、
あるいは心も天気も「青い空」となることを必然と想像しながら、
「ちょっとこわいの恋かしら」と、希望と期待を持って自分の内面を反芻するうちに、

その日も暮れて「赤い夕陽が今沈む」。
期待部分は長調で、そして沈む夕日が、日曜が近づく喜びを湧き起こさせたかと思うと、

同時に心に微かな揺れを引き起こす。
ここで再び短調に切り替わる。


その揺れは、「きいてみたいの...」と、期待と不安と、
そして隠しきれないけれども内気に黙っている、交錯した心情の吐露となって表れる。
そして、あたりは星空となり、星空に相手の面影(影ぼうし)を探している、

とでもいうような情景が想像されてくる。

こうなってくると、最後の2フレーズにも、
何か辻褄の合う意味付けができるのではないかという期待が後を引く。
バラの花言葉は愛、恋、美、幸福、乙女、秘密、無邪気、清新、なのだそうだ。
これらの花言葉は、いずれもこの歌詞全体の印象につながっていく。
「なぜか」とわざわざ付け加えているのとは裏腹に、
というよりはむしろ、「なぜか」と疑問形式で言いながら必然的予言や宿命を示すという、
ドラマのナレーションなどでたまに見かける表現方法を使って、
この揺れている「バラ」は、
この内気な主人公の、これから先の人生への希望や励ましを象徴するものと
受け取りたくなってくる。

こう書いてみるとそれなりに素直な解釈で、
大半の方々が元からそう思っておられたとしても不思議ではないと思われてしまう。
もちろんこの解釈が正解だと言い張るつもりは毛頭ないが、
私の中で、この歌の歌詞が私なりの辻褄の合う一つのストーリーとして成立することで、
この歌が一段腑に落ちるものとなっただけでなく、
この歌詞が、会えている幸せな時の方ではなく、
会えない時の揺れ動く心情を
それに呼応するように長調と短調の間を行き来する曲調との合わせ技で描写している秀逸さ、趣深さのようなものを、
一連の情景変化とともに改めて感じることができ、

この歌の魅力がさらに深まったように感じられる。 

私自身は、饒舌で理屈っぽい割に多くのことに無頓着な人間であるが、
いつも待っていてくれて、内気で、想うことを10のうち1もうまく言い出せない、
そんな人への理解も、心なしか少しは深まったような気がする。

« 天地真理62 ちいさな恋(2) | トップページ | 天地真理64 ちいさな恋(4) »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

 おそらく、この「ちいさな恋」は、まさに中高校生の淡い恋をイメージして、ある日の日曜日の午後から夜の出来事を描写しただけの歌詞だと思います。

(蛇足ですが、当時、CBSソニーは、テイーン・エイジャー向けの歌謡曲を作り、10代のレコードセールスを戦略としていたようですので、真理さんもデビュー1年間は、どうしても10代でなければならなかったのでしょうか。)

 「ちいさな恋」は、私は、当時から、次のようなイメージを持っていました。

  たまに会えない日もあるけれど
  毎日、学校(会社)でいつも会っているけれど
  それでもわたしは、話しかけられるのを待っている

  友達に分からないように、
  今度の日曜に二人だけで会う約束をし、
  その日曜日は、青い空、天気のいい午後の公園だった。
  あっという間に、楽しい時間が過ぎ、
  これは、ちょっとこわいの恋かしら、
  もう、赤い夕陽が今沈む

  私をどう思っているのか、きいてみたいの一度だけ
  それでもわたしは聞き出せない。
  みつめる目と目はかくしても かくしきれないこの気持

  もう空は、星が降るくらい、すっかり暗くなり
  家に帰らなければならない、
  別れが寂しく、涙ひとつぶ流れた、これは、恋かしら

  なぜかゆれてるバラの花のように、
  なぜか私の心も弾みながら家路に向かった。
  照れくさい、始まったばかりの小さな恋です。

chitaさん
コメントありがとうございます。
いただいたような、他の方の少々突っ込んだお考えを聞けるというのは、
私にはとても楽しい思いがします。
勝手な解釈を載せてみた甲斐もあったと言えなくもありません。
確かに歌詞2番の前半などは、
会っている時の心情描写としたほうがしっくりくるように思います。
そもそも歌の歌詞に「辻褄」を求めようとする私の志向自体
無粋極まりないことであります。
しかもその「辻褄」自体、きわめて自分勝手で危ういものですので、
こんな妄想で悦に入っている人もいるということで
ご勘弁をいただきたいかと思います。

真さん、chitaさんの解釈、とても興味深く読ませていただきました。
たまにしか会えない日がないのに、どうして待つ必要があるのか?
単純な小学生の頭にも、多少の疑問がよぎったような記憶はあります。しかしビジュアル的印象があまりに強烈であったため、そういう突っ込みどころはどうでも良くなってしまったのでしょう。とてもお二人のような、深い考察を加えるには至りませんでした。(^-^; 
Youtubeに「ちいさな恋TVバージョン」としてアップされている映像は、「夜のヒットスタジオ」でしょうか。ウルフカットで清楚かつ可憐という、当時私がKOされた真理さんのイメージすべてが詰まっているような気がします。

enkenさん
私の話も今思えばということであって、
おっしゃるように「ビジュアル的印象」の影響は絶大だったと思います。
そこにある種の悲劇もあるように思いますが。
ご紹介の映像に関することは、次の項に絡むので言及を避けさせてもらいますが、
すぐれた芸術は、いろいろな、人それぞれの解釈が成り立ちうる所にもその価値の大きさがあるということで、
この歌の歌詞もまさにそれではないかと思っています。

真さん、こんばんは~。

またまた真さんワールド炸裂ですね~^^。

読ませて頂きながら、正直、ちょこちょこ吹き出してしまいました~^^V。
本当にゴメンなさ~いm(__)m!

それにしても、なんとも凄まじい想像力!そこが真さんの真さんたるゆえんですよね~^^。

ただ、この歌については、どちらかと言うと、正直、chitaさんの描かれる世界の方に素直に一票ですかね~。悪しからずm(__)m。

にしても、真さんもchitaさんもホント真面目に面白い人たちだなあ~^^。

あと、女性の観点からのコメントもこの際読ませて頂きたいですよね~。どなたか来られないですかね???

当然、ほとんど独り言なので、返信のお気遣いはご無用ですよ。ではではお元気で~(^^)/~~~

仁さん

コメントありがとうございます。
正直言って私も詩の解釈をいろいろ聞いてみたい気持ちはあります。
それも、学校で習ったりする、正解のような解釈ではなくて、
個人の体験や思い込みに大きく依存したタイプのものを。
時に唖然とするような。
しかしこれも、さらけ出すにはかなり恥ずかしい部分もありますので、
ここはさらりと次に進もうと思っています。

真さま、《生まれ変わったちいさな恋》を鑑賞させていただきました。クリックひとつで聴かせていただくのはとても畏れ多いことのように思います。
私の入れる世界ではないのですがとても哲学的な《ちいさな恋》です。そこにいる真理ちゃんの歌う「あのひと」は洗練されきったクールさで現れました。二番はミステリアス、神秘、深淵でこの感動をどう表現して良いかわかりません。一度目は絵を観ず二度目は観ながら鑑賞させていただきましたが気品のある作品が選ばれていてとてもマッチして素敵だと思います。と言うより絵の方が高貴な曲に合わせようとより輝こうとしているのではないでしょうか。こわいくらいにスピード感とスリルにあふれピアノの音色が絹のようになめらかでそして光りさざめくようで『そもそも素粒子とは』と解説された動画そのものではなくてそれを視たときに感じた「宇宙で遊ぶ自在さ」への憧れがまた胸に波のように起きています。あらためて鑑賞させていただきたいと思います。
今日は感想の追伸を送らせていただくつもりなのでした。断片的で申し訳ございません。一応お送りさせていただきます。

追伸
‘たまに会えない日もあるけれど それでもわたしは待っている’
この優しい歌い出しが私は好きです。エッセイを拝読したことによって好きだったことに気づかせて頂きました。この出だしは受け身的で自制した言い回しですが真理さんの表現力では主人公が楽しく充実した青春の毎日を送っているとわかる気がします。
「遇わない日の振り返りの中で自分の気持ちを考える」という、行き当たりばったりではない女性像とそして、真理ちゃんはこんな人!と「そこに来ていない人を思いやる優しさ」「人を押しのけてまで前に出ない控えめさ」などその温和な人柄を紹介しているような第一連だと思いました。
「・・けれど それでも・・」という「話し言葉」のままのような文体で書かれそれは真理さんの声と相まっていっそう可愛らしく、安井かずみさん作詞ではありますが原案は事実上天地真理さんご自身からの提供(会話)なのでは、と思いたい気持ちがします。

‘ちょっとこわいの 恋かしら’
(4)に於いて‘周到に練られた”真理ちゃん”路線に踏み出していく”ちいさな一歩”への言い知れない恐れ‘ 等々解説下さった、歌い方の違う‘ちょっとこわいの 恋かしら’のそれぞれが《ちいさな恋》と《デビュー直後の天地真理さん》の主題そのものなのでは、と今感じています。
そして年若くしてナンシー・ウィルソンさんを尊敬されていた真理さんだからかこの歌自体の‘ミステリアス’も自ら楽しむような明るさと風格を漂わせておられる気がします。尊敬している人の名前を聞かれ無理に言わされているのではなく本心で昔も今も挙げられる真理さんが人間としてとても素敵だと思いました。

‘赤い夕陽’
白雪姫という言葉になんとなく父親への寄り添いを感じる《水色の恋》に対し《ちいさな恋》ではこの「赤い夕陽」に「わたし」が安心出来る母性を感じました。それはやはりあまりにも真理さんが幸せそうに歌われるからに他なりません。お姫様ではないごく普通の現代っ子とその奥にそれを見守る優しい母の顔。「わたし」があのひとに思いを馳せて夕陽の沈むのを見届けているその階下で母が煮炊きに勤しんでいるというようなシーンが空想されるのです。母がその幸福を娘にも継承させたいと願う面影はバラの花に重なって感じられました。そういうことから昭和テイストで《ちいさな恋》に勝手に、、、非常に勝手に連想したものを根拠なく挙げてみたいと思います。
あの人について:
(ドラムの音の人)そんなに話したことはなかったけれどある時「わたし」がちょっとしょげていたらチョコレートパフェをおごってくれた優しい先輩。その出来事を振り返っていたらなんとなくまぶしく思えて来てしまいました。ただそれだけの人です。
環境:
学生運動があまりない環境(水色の恋にはあるような)/わたしたちは同じサークルか音楽系の異なるクラブ/部長がバリバリのアイビースタイル/あのひとは乗換駅で降りる 旅客機の何かを研究しているらしいがよく知らない/わたしの家は高台にある社宅/玄関ポーチまで階段を上る/父:メーカーの経理担当/母:弟には甘いのではないかと思う/わたし:内弁慶 電話を先に切れない/弟:プチ・ナルシスト/愛犬:アメリカンコッカースパニエル(親戚から引き取った)
バラについて:
「わたし」の机に飾られています。それは父が結婚記念日に母に贈った花束から一輪分けてもらいました。温かい紅茶を傍らに日記をつけているとバラがくすっと笑いました。その甘いかおりにさそわれるようにバラとふたりで恋の歌を歌い夜が更けていきます。星よ「わたし」の歌をあのひとに届けて。

長々と申し訳ございませんでした。せっかくのページを台無しにしているような気がします。取り留めなくお邪魔いたしました。そして今回の《ちいさな恋》のエッセイでご家族のご高察もご紹介下さりより楽しく引き込んでいただきましたことに感謝致します。ありがとうございました。

天空に響きゆく《ちいさな恋・革命》の創造、誠にお疲れさまでした。どうかお身体をごゆっくり休められますようにお祈り申し上げます。

lunoさん

あなたのコメントは明らかにこのブログの価値を高めてくださいました。
勇気を持ってこのような文を寄せていただいたことに、心より感謝いたします。
共感を通り越して、まいりましたと申し上げる以外ありません。
歌詞の一言一言に、今話題のヒッグス粒子のように、私の想像しえない質量を与えられているように感じます。
歌手への信頼、
「幸せ」という潜在テーマの膨らませ方、
微笑んでしまうほどの具体性と映像化。
しかも、これによってこの歌の謎が解かれたようでいて、
その意味するところは、この歌と同じく読者にゆだねられているようにも思います。
これには、この歌に関わった方々も皆、うれしい気持ちにさせられるでしょう。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/54303704

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理63 ちいさな恋(3):

« 天地真理62 ちいさな恋(2) | トップページ | 天地真理64 ちいさな恋(4) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ