« 天地真理59 風を見た人 | トップページ | 辻井伸行 ジェニーへのオマージュ 作品1 »

2011年12月31日 (土)

天地真理60 「なのにあなたは京都にゆくの」の衝撃

天地真理「プレミアムボックス」を購入すれば、
誰しもまずDVDをご覧になることだろう。
真理ちゃんシリーズというテレビ番組から抜粋されたそれらの映像と音は、
中学生時代にそれらをリアルタイムで見ていた記憶は定かでないのだが、
やはり何とも懐かしい感慨を感じずにはおれなかった。

さて、問題はその次である。
私の場合は、コンプリート・シングル・コレクションはさておき、
Disc.3 天地真理ファーストアルバム「水色の恋/涙から明日へ」に進んだ。
最初の曲、「水色の恋」を、これまた懐かしい想いで聴き終わった後、
「なのにあなたは京都にゆくの」 作詞:脇田なおみ、作曲:藤田哲郎、編曲:馬飼野俊一
を聴いた途端、衝撃を受けてしまった。

ご多分にもれず、長い空白期間を経て、
2010年の10月頃になって、天地真理さんが出演されるテレビ番組の前宣伝をちらりと見かけ、
そういえばそういう人が昔いたな、と思い、
気が向いた時にYouTubeでも見てみれば
懐かしい映像とかが出ているだろうと思ったのが再開の始まりである。

それまでも断片的にテレビに出ておられるし、それらに気がつけば、
または何らかの懐古趣味で昔を思い出し、YouTubeで探そうと思えば、
もっと早くの再開になったはずである。
しかし不思議なことに、まったく忘却し、またその手のトリガーに出会うこともなかった。

いざ、YouTubeを見てみると、なるほど懐かしい映像がいくつか見つかったが、

心に一番ひっかかったのが、「この広い野原いっぱい」だったと思う。
森山良子さんの歌で良く知られたこの曲を、真理さんはとてものびやかに歌っていた。
自分の持ち歌以外の曲も、このように感じ良く歌っているのならば、
このCD全集を買ってみても良いと思った。


そしてこのデビューアルバムの2曲目「なのにあなたは京都にゆくの」を聴くに至って、
私はこの歌手のことを何もわかっていなかったことに衝撃を受けてしまったのだ。
YouTubeを見て、うすうす感じ取っていたことではあったが、とどめを刺された。

私は若い頃、どれだけ天地真理さんのファンだったのか、
誇れるようなものは何もない。
確か、私の友人が南沙織さんを好きで、
おまえは誰がいいのかと問われ、
そのころの選択肢は、当然のことながら、例の3人娘のどれかということであったので、
その中で、声が柔らかい感じが、
また雰囲気が優しい感じのお姉さんのように感じたのだと思う、
そのあたりの感情はあまり覚えていないのだが、
天地真理さんと答えた記憶はある。
歌とか、外見とかということのほかに、
どことなくにじみ出てくるその人柄に惹かれたようにも思う。
ただそれは、尊敬できる人柄とか、立派な人だ、というような惹かれ方というよりは、
人としての純粋さのようなものを感じていたように思う。
もちろんどんなことに純粋さを感じるかは、人それぞれだから、
真理さんだけが純粋だ、と言い張るつもりはないが。

それ以後、真理さんと答えた手前、より興味を持って注目するようになったのだが、
もっぱらテレビに現れる真理さんを見、聴くことによって、
この人のイメージを作り上げていた。
もっと別の方法、つまりレコードやラジオなど、音だけからによる接し方から入っていたら、
また違ったとらえ方をしていたかもしれない。

私が真理さんの歌について当時どのように思っていたかについては、
詳しくは「ひとりじゃないの」の項で触れてみたいと思っているが、
彼女のヒット曲の企画のされ方、それらを歌うテレビでの印象、
そこでの演出のされ方、などから、
今思うほど、名歌手と言うべき存在、という捉え方はしていなかった。
むしろ彼女の歌そのものにフォーカスしようとしていなかった、というのが
本当のところだと思う。
テレビから伝わってくる、歌、外見、表情、しぐさ、などが合わさった全体的イメージが、
歌だけにフォーカスするには、圧倒的すぎたのだろう。

また悪いことに当時、人気女性歌手のアルバムを買おうという発想は、私には全くなかった。
少々硬派気取りだったのかもしれない。
ラジオでは歌のランキングが花盛りの頃で、
その中でも洋楽のランキングは聴いていた記憶がある。
カーペンターズが新曲を出すたびに1位を取っていた頃である。
クラシックや洋楽(トム・ジョーンズ、ビートルズなど)のレコードは多少持っていたのだが。
これが私における、決定的な理解不足を生んだ要因のように思う。

テレビから入って築きあげた真理さんのイメージからすると、
「なのにあなたは京都にゆくの」における彼女の歌唱は予想外にひたむきで、
そしてその声自体の魅力が実にストレートに伝わってくるものだった。

この歌との出会いは、その誤解期間の長さから思えばあまりにも悲しく、
しかし、彼女の、歌手としての素晴らしさを気づかせてくれたという意味では、
限りなくうれしいものだった。
幸先よいことに、私は「プレミアムボックス」のCD2曲目にして、
このCD全集を買った価値を噛み締めることになった。
この後さらにどんな歌が聴けるのか、という期待がいやがうえにも高まった。


「水色の恋」では、どちらかといえば、軽やかな声の出し方で、
ビブラートも震えるような、余韻を大事にするような発声であった。
それに対しこの歌では、力を込めて発声した時、この歌手がどれほどいい響きの声を出すか、
を端的に知ることができる。

まずもって、実に端正な歌い方である。
言葉一つ一つをとてもはっきりと、癖なく発している。
曲調にもよるから当然だが、、後の明るい発声方法はここにはなく、
かといって、暗さや、うらみがましさといった色は少なく、
ただ、ひたむきさ、が伝わってくる歌い方である。
強烈な声、というわけではないが、
伸びがあって、力強く、実に響きのいい声だと私には思える。

特に、歌が始まってから9小節目の、「なのにあなたは...」からを聴いてみてもらいたい。
この曲のオリジナルはチェリッシュによるものであって、
このアレンジは、チェリッシュのオリジナル曲によく似ている。
ところがその歌い方はかなり異なる。
こうやって他の歌手と比較してみると、
この歌手が、クラシックをベースにしてきたことがよくわかる気がする。
言葉はあくまで端正にはっきり発音するなかで、
声の力で、この歌詞の状況を盛り上げていっているように思う。
ニュアンスの付け方が大袈裟なものでないため、
演歌などがお好きな方にとっては、物足らないと思われるかもしれないが、
私には、程よいビブラートと共に、癖なく発せられる言葉の流れから、
歌詞と曲がそれだけでもとから持っている情感が、とても上品に伝わってくるように思える。
あたかも、歌詞によって何らかのエピソードを与えられた、言葉のない器楽曲を聴くかのように、
何度聴いても飽きない心地よさがある。

「なのにあなたは...」から1小節進むごとに声に力がこもっていく様子がとりわけ心地よい。
「それほどいいの」の「れ」で使われるポルタメント
(「れ」の出だしはその前の「そ」と同じシ♭から始まり、直後になめらかにドに上がる)
は、力強さを盛りあげるのに有効に働いている。
なぜ京都に行くのかを問う主人公の心情描写が、このちょっとした音楽的表現で一気に盛り上がる。
チェリッシュはこのような歌い方はしていないので、真理さんが独自に取り入れた表現法だろう。

そして続く「このーわたしの」の「のー」で、その力強さは頂点に達する。
ここでのビブラートは、「水色の恋」で聴かれた震えるようなビブラートとは全く異なり、
より長周期の、力のあるビブラートだ。
しかも、ここでは「このー」の「のー」が発声されるとほぼ同時にビブラートが始まっている。
以前のコメントで、このようなビブラートはクラシック歌手のやり方だとご指摘を受けたことがあるが、
そのようなことからも力強さを感じるのかもしれない。
このようなビブラートには、かなりの喉の力と訓練が必要なのではないだろうか。

この歌を聴くと、私はこの歌手は、とても力量のある歌手だと思ってしまう。
そしてファーストアルバムの2曲目に、このようなものが用意してあったにもかかわらず、
なぜ今までこれに気付かなかったのか、とも思ってしまうのだ。
この曲は、名曲名唱の多いこのアルバムの中でも、
ひときわ歌い込まれたかのような、完成度の高いものになっていると思う。
そのような歌に込められた本当の意味を、私は当時わかってあげることができなかった。
しかし、今更それを言っても始まらない。
今これを聴いて楽しめていることに素直に感謝すべきだろう。
そしてこの曲は、カバー曲でありながら、「プレミアムボックス」というCD全集においての、
新たな発見の始まりともなった、とても印象深い曲として私の心に残っている。



さて、今年から始めた本ブログは、
灰汁の強いものであるにもかかわらず、1年で28000カウントを越えるアクセスをいただきました。
当初は10月の真理さんのデビュー記念日まで続くものかと思っていましたが、
アクセスをいただいた方々、またコメントをいただいた方々の存在が励ましとなって、
ここまで続けることができました。
その過程では、長年天地真理さんを盛り立ててこられた
老舗のブロガーの方々からも声をかけていただけ、
また、頂いたコメントから、曲作りなどの新たな展開も生まれました。
それらの方々の中の何人かの方々には、11/5の集いで直接お会いすることもできました。
今年は天地真理さんのデビュー40周年記念祝賀会があり、
それをお祝いする意味で行ったピアノアレンジも思いのほか好評をいただき、
私のライフワーク的趣味になりそうな存在にまで膨らんできています。
また、このブログを通じて、今まで他でお見かけしなかった、
潜在的ファンの新たなお目見えと思える方々に出会え、
それらの方々のお気持ちを聞かせていただくこともできました。
 「天地真理さんのことを世に語り継ぎ、
  またそれをきっかけに、ファンの方々とも交流できれば」
と思って始めたこのブログは、ささやかではありますが、
その通りとなったのではないかと満足しております。
天地真理さんへの思いは、いろいろと欲を出せば切りがないのですが、
私は私なりのスタンスで、今後もネタが続く限り、細々と続けてみようと思っています。
今年一年、誠にありがとうございました。
皆様にとって、そして天地真理さんにとって、
来年がより良き年となりますよう、お祈りいたします。

« 天地真理59 風を見た人 | トップページ | 辻井伸行 ジェニーへのオマージュ 作品1 »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
そして、真さんのブログ開設1周年おめでとうございます。
一つ一つの記事を読ませていただくたびに、こだわりのある深い考察から、あたらしい真理さんを発見し、その魅力と実力を再認識させられます。
これからも、真さんの持ってらっしゃる知性と能力で、是非、真理さんと、応援している多くの私たちファンを支えていただけないかと願うばかりです。

sakura6809さん
昨年はいろいろとありがとうございました。
このようなお言葉をかけていただいて大変うれしいです。
sakura6809さんの存在は、真理さんファンの世界をほのぼのと、そしてとても豊かにしていただいていると思います。
今年もよろしくお願いいたします。

このサイトはGoogle Chromeでのチェックをしていないのですね?

ぜひChromeでの確認をお願いします。自動起動の音楽プラグインの件や、右側のスクロールスライダーが見えなくなるとの不具合が多発しています。

suomiさん
ご指摘ありがとうございます。
mp3ファイルの自動再生の件は対処いたしました。

普段Firefoxで見ておりましたのと、
autostart="false"が書き込んであったので疑っておらず、
ご不快をお与えして申し訳ありませんでした。
本件、本来はChrome側の問題のように思いますが、
スクリプトに一言加えることで対処できるようなので、
こちらで対処いたしました。

スクロールスライダーの件は、
当方のChrome 16.0.912.63 m (XP Pro上)では再現しておらず、
またマウスホイールでのスクロール不具合の報告はあるものの、
こちら側で対処可能な問題なのか確認できておらず、
対処できておりません。
もし対処法をご存知でしたらお知らせいただければと思います。

真さん
あけましておめでとうございます

私にとってもこのファーストアルバムは衝撃でした。
ポピュラー(歌謡曲?)のレコードを買うのも初めてで、ジャケットの大きな美少女の写真もちょっと恥ずかしくて、わざと無表情を装って店員に差し出したことを思い出します。
天地真理という歌手も気にはなっていたもののまだ半信半疑で、どんな歌が流れてくるのか、少しどきどきしながら針を落としました。
「水色の恋」のあと、この「なのにあなたは京都へ行くの」のまさに「ひたむきな」歌に手ごたえを感じ、3曲目に進んで「あの素晴らしい愛をもう一度」の3番を聴いたとき、この歌手の並々ならぬ才能を確信したのです。
真さんの文を読みながら、あの時の高揚感を思い出しました。

ひこうき雲さん
新年早々にコメントをいただきありがとうございます。
ひこうき雲さんは、まさに私が羨むような体験をされておられたことが
良くわかるお言葉です。
私も他のアーティストでは、多少なりとも同様の体験をしたことがあるため、
その時の感慨深さは忘れ難いものがあるとお察しいたします。

「あの素晴らしい愛をもう一度」を改めて聴いてみて、
ひこうき雲さんが折に触れておっしゃっている彼女のうたの特質が、
ここに既に典型的に現れていることが、
私なりにも、とてもよくわかる気がいたしました。
今年もよろしくお願いいたします。

今年も、真理さんに関する論理的な考察を楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。

「なのにあなたは京都にゆくの」でデビューしたチェリッシュも、今は、名古屋在住ということで、読売新聞中部支社が、昨年、特集を組んでいます。<http://chubu.yomiuri.co.jp/tokushu/cherish/cherish110803_1.htm>
この曲は、「高度経済成長の真っただ中。若者は都会にあこがれ、田舎から旅立ち始めていた。そんな時代の流れに曲がマッチしたのだ。」と解説しています。
また、アマチュアフォークグループの自らの作曲で、デビューしたが、シングル2曲目からは、有名作曲家による歌謡曲路線になっていった様子が書かれています。

ほとんど「エッチャン」しか歌っていないのに、どうして横におじさんが立っているのか、当時は不思議でしたが、男女デュエットになった結果、エッチャンは、アイドル歌手にならずにすんだのでしょうか・・・。

chitaさん
早々にコメントありがとうございます。
私も、「木綿のハンカチーフ」の前半に重なるような曲かな、とも思いましたが、
京都というと、都会という以上の何かがあるように思ったりもします。
思わず笑ってしまいますね、chitaさんのご指摘。
私もどうしてこの人、と思ったことがありますよ。
何が幸せか分かりませんね。
今年もよろしくお願いいたします。

チェリッシュ・・・懐かしいなあ~(゚ー゚)。
東京で在学中の時に、新宿かどこかで夜に二人を見かけた記憶があります。

ふと気づくと、前を二人が並んで歩いていたんですね。周囲の人も声をかけるでなく、二人とも街の風景に溶け込んでいる感じで、普通に楽しそうに話をしながら歩いている。ただそれだけのことなんですけど、今でも鮮明にその場面の記憶が残っていますね。自然体のふたりという印象が強いです。エッちゃんには彼が絶対必要だったんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ。

場違いな私ですが、真さん、今年もよろしくお願いいたします。

仁さん
今年もよろしくお願いいたします。
いいですね、そういう想い出があって。
私も19歳の頃から東京近辺で暮らしていますが、町で有名人を見たのは、
バレーボールのミュンヘンオリンピックのメンバーだった森田選手を
駅のホームで見かけたことぐらいですかね。
肩から上が群衆の上に出てましたからね。
「なのにあなたは京都へゆくの」でデビューしたのが、真理さんのデビューと同じ1971年、
デュオとなったのが1972年、
その年がミュンヘンオリンピックでした。
いろいろ思い出すとほんと懐かしいです。

四十年間、一人で抱えていました。
僕も天地真里さんの「なのにあなたは京都…」が、ずっと好きでした、
ありがとう。

近衛さん

コメントをいただきありがとうございます。
このような言葉をかけていただくことはとてもうれしく感じます。
本文にあるように、私の場合はこの曲を真理さんが歌っていたのを知ったこと自体、随分後になってのことでしたが、
近衛さんは当初よりこの歌の魅力に気付いて好きになり、大事にされていたのですね。
私に言わせれば、それはとても胸の張れることではないかと思います。
この歌がお好きということは、その後の真理さんの歌に関してもいろいろとお考えがあるのではと思ったりします。
またお気づき、お思いのことがあって、気が向きましたら、
投げかけてみていただけたらと思います。 真

中学生のころ「虹をわたって」のカセット版をプレゼントでいただき、愛用のカセットテープレコーダーで聞いておりました。カセット版の発売元はソニーではなくアポロン音楽工業となっていました。収録時間の関係からかLPより曲数が多かったようで、この曲も追加されていました。
その中でこの曲は特に印象に残っていたんです。当時の「白雪姫」のイメージとは異なり、多少哀愁を帯びた歌が得意だったんだなと思います。この曲の歌唱が特に優れていたので、カセットにも追加曲と収録されたんだと思っています。
オリジナルよりカバーのほうが良かった例として、長く記憶に残っています。

tomo1959さん
コメントありがとうございます。
そのようなカセットは貴重ですね。
骨董的にも、またその歌手のより多くの側面を知らしめてくれた媒体としても。
制作者側でもその良さを理解してアピールしようと動いていたということでしょうね。
初期は森山良子さんのような歌手として売り出そうという制作者側の意図もあったと聞いています。
その線に応えようとした中での、最も輝かしい歌唱の一つがこれだと言えるのではないでしょうか。
それにしてもプレゼントでいただくとは幸運この上ないですね。 真

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/53550323

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理60 「なのにあなたは京都にゆくの」の衝撃:

« 天地真理59 風を見た人 | トップページ | 辻井伸行 ジェニーへのオマージュ 作品1 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ