« 天地真理55 水色の恋(6) | トップページ | 天地真理57 水色の恋(8) ピアノアレンジwavファイル »

2011年10月29日 (土)

天地真理56 水色の恋(7) ピアノアレンジ

本ブログの更新が止まっていたのには理由がある。
「水色の恋」の巻の最後を飾るものとしては、やはりピアノアレンジが必要だ。
ということで、恥ずかしながらようやくお披露目となった。
お気に召せばよいのだが。





以下はアレンジに関する説明であって、無理に読む必要はありません。



出だしは、1974年ライブ録音(アルバム「天地真理オン・ステージ」収録)での
真理さんの歌い方、ポルタメントなどを真似してみた。

出だしの部分のコードは、「時間ですよ」第48回(1971年11月頃)で
真理さんがギターで弾いたコード(シングルのものと異なる)を少し参考にした。

歌詞1番に相当するフレーズは、デビューシングルでの伴奏アレンジを極力取り入れた。

歌詞1番と2番との中間部は、
エフゲニ・キーシンが若いころの日本公演で弾いた三枝茂章編曲の「夏は来ぬ」
(キーシンは三枝茂章の編曲を少し変えている)
からフレーズを一部借用し、「水色の恋」の出だしのフレーズパターンを重ねた。

歌詞2番の歌い始め直前のフレーズは、
辻井伸行さん作曲の「風の家」から一部借用した。
これは次のアレンジの一部とパターンが似ているため使ってみた。

歌詞2番の中の装飾は、1976年ライブ録音(アルバム「私は天地真理」収録)での
アレンジを一部参考にした。

これはピアノ独奏できるようになっているが、
内声部が結構あるため、完璧に弾くのはなかなか難しい。

演奏はMIDIで作成した。
作製ソフトは、Studio ftn Score Editor Classic 6.16.0427
音源はAlicias Keys (Kontakt 4用)
を使用した。

« 天地真理55 水色の恋(6) | トップページ | 天地真理57 水色の恋(8) ピアノアレンジwavファイル »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

真さん、pokeです。

待ってました! 
この曲だったんですね、まるで極上のウィスキー(そんなの飲めませんが)のような、とろけるような音色と響きですね。
まさに、秋色に染まります! ほんとに素晴らしいです。

ありがとうございました♪

真さん、こんばんは!
「水色の恋」を聴かせていただいて、音楽的なことは分かりませんが、聴いていて、とにかく涙があふれてくる演奏です。真理さんが歌っているわけでもないのに、この曲を歌い続けてきた真理さんの思いが伝わってきます。それはきっと、なにより、この曲が素材としてすばらしいのと、それを邪魔することなく引き立てているすばらしい編曲だからだとおもいます。真理さんがもしここに居たら、先日の40周年祝賀会で、じっと見つめながら太田忠さんの弾く「夏を忘れた海」の演奏に聞き入っていたときと同じように、この「水色の恋」を聴くに違いありません。
ただ、出来ればこの曲は生のピアノで聴きたかったです。

pokerin3545さん
気に入っていただけたようで嬉しいです。
細かいところでああでもない、こうでもないとやってしまったもので
ちょっと時間がかかりすぎてしまいました。
まあいじくっているうちが花で、
披露して固まってしまうとちょっとさびしいです。
もっと大胆に変えようかとも思ったのですが、
やっぱりプロの編曲は良くできていますね。

sakura6809さん
ありがとうございます。
自演するには腕前が...。そそのかしていませんか(^^;)
演奏用の楽譜にしてみようとは思っています。
でもこのMIDI音源と、うちにある電子ピアノとアコースティックピアノとでは
コードの響き方が違うので、
アコースティックピアノ用には音符を変えたくなるかもしれません。

説明し忘れましたが、
デビューシングルはホ長調ですが、このアレンジではハ長調です。
素人なものでハ長調の方がコードが考えやすいので初めにそれで作って
後で移調しようと思っていたのですが、
音の高さがこの音源にはちょうどよい感じなので
そのままにしてしまいました。

水色の恋、拝聴しました。
「真さんって真理ちゃんがホントに好きなんだな~」が感想です。
真さんの記事を読むと、少しずつ真理ちゃんの事が解った気になるから不思議です。
というか、気がするだけでも私にとっては大きなステップ。
言い尽くせぬ思いがまだまだありそうですね。
これからの記事も期待しております。

陶然として聴きました。
メロンパンさんが真理さんの曲をテレビドラマのテーマソングにしてくれないかなあ、と書いておられますが、このアレンジならいろいろの場面に使えそうですね。テレビ局に知り合いのおられる方がいれば、ぜひ働きかけてもらえないでしょうか。(著作権とかの話は後にして…)
絶対、「水色の恋」ブームが起こると思います。
本気です!

MICさん
ありがとうございます。
なんとお返事していいやら。
もしご共感いただけることがあるとしたら、
それはMICさんの中にも、元々あるものに触れたということだと思います。
ご期待に添えるかわかりませんが、細々続けてみます。

ひこうき雲さん
ありがとうございます。
いやー、話が大きくなりましたね。
逃げ出したくなってきました。
でも上にも書きましたが、
この曲はどんな楽器にもうまく調和し、それぞれで独特の魅力を放ちそうに思います。
しかも歌詞にも気品と普遍性があるので、
おっしゃるようにいろいろな場面で使えそうな気がします。

既にYouTubeで、いろいろな方がピアノ、ギター、歌、などで
いろいろな関わり方による作品を披露されていますが、
この曲についても、いろいろな楽器でのアレンジに挑戦される方々がこれからも出てきて、
そんな中から、全体のうねりとして「水色の恋」ブームにでもなれば、
それはそれで、とても楽しいと思います。
5年後ぐらいの天地真理・全国サークルは、一部が発表会に変貌していたりして。

 真保さんのTwitterに「素晴らしいです。お母さんにも聴かせます♪」とありましたので、真理さんの感想も聞きたいものですね。

 「天地真理ファンの音楽発表会」も面白そうですね、真理さんの歌、曲を正しく表現できる方は、どんどん情報発信してほしいですね。それを聞いた人は、原曲の真理さんの歌を聴き、リバイバルヒットするかも。
 

chitaさん
YouTubeの不具合を教えていただきありがとうございました。
切り替えたつもりでいたのですが、当方のミスでした。

真保さんにあのように言っていただけるのは大変うれしいですが、
真理さんご本人に本当に聴いていただけるかどうか、
そのご反応も含め、私は心の中では、この領域にあまり立ち入らないようにしています。
あくまで私が好きで勝手にやっていることで、
デビュー40周年を記念して遅ればせながら捧げますとは申しましたが、
それも私が勝手に捧げたのであって、その後まで求めるのは気か引けます。
私としては、chitaさんをはじめ、同好の方々からいろいろとお言葉をいただいて
さざ波が立ったことがうれしい限りです。

真さん

昨日(真理さんのお誕生日)はお会いできて光栄でした。
まさか真さん太田さんメロンパンさんと同じテーブルでお話させていただくことになろうとは、やはり何とも言えない気持ちになってしまいました。ちょうどお歳も同じくらいで、少しお若い太田さんも強引に巻き込みながら(笑)、笑いに笑ってお話でき、ホント参加させていただいてよかったなあと、今しみじみ思っております。
あとは、YouTubeでのコメントと重複しますが、真理さんの一番お好きな「水色の恋」に新たな命を吹き込んでくださり、本当にありがとうございます。一ファンとして本当に涙が出るくらい嬉しいです。 仁

仁さん

こちらこそお会いでき、大変楽しい時を過ごさせていただきました。
ずいぶん笑わされました。
その上、このブログにまでコメントをいただき
ありがとうございます。
とても明るい方で、場を和ましていただいたのですが、
ご自分の歌について語られた時の真剣なお顔がとても印象に残っています。
気が向いたら、ぜひご自身の作品を我々にもご披露ください。

真様 ファンの集い当日は名刺をお渡ししただけで失礼させていただきました。先月末当方の恩人が亡くなり事業の残務整理をまかされているため、とても皆さんと飲酒談笑する余裕がありませんでした。その代わり、当方の分身であるトートさんとは楽しく過ごされたのではないでしょうか。

 映画鑑賞・集いともにどうにか参加できて実に幸運だったと思います。映画上映開始を待たせるかたがいるなんて、まさしく suprise!(驚天動地=天地もびっくり)でしたが、衆目が認める伯爵夫人級の大ファンなればこそでありましょう。
 「愛ってなんだろ」は春頃の上映時に一度観ておりますが、あらためて観覧して「謎」が氷解したのでとてもうれしく思っています。おもちゃの企画をめぐって、駄目出しを繰り返ししまいにはふるぼけた「こけし」を持ち出す俊二に対し、麻里子が「かなうわけないじゃないの!」といった趣旨の啖呵を切ります。そして、しばらくのちに、地蔵のスケッチを差し出しながら笑う麻里子の表情を見て俊二が「これだ!」と叫びます。この場面、きわめて重要です。「天地真理」という存在が問われている瞬間なのです。

 お誕生祝いにいろいろと用意していたのですが、ご本人に直接お渡しできなければ意味はないと思いましたのですべてそのまま持ち帰りました。真理様はどなたとお誕生日をすごされたのでしょう? そればかりがなんとも気がかりでした。。。

  


 

shiolaboさん
お名刺をいただきありがとうございました。
名刺を拝見した時に、どのHNの方か瞬時に照合できず、失礼いたしました。
「愛ってなんだろ」は私も春に一度観ましたが、
何といっても映画館に響き渡った歌声の素晴らしさが印象に残っています。
何度も見ればまた味わいも深まるように思います。
真保さんがDVD化を達成したいと力強くおっしゃっていましたので、
心おきなく何度も観れるようになる日は、そう遠くないのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/53111642

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理56 水色の恋(7) ピアノアレンジ:

« 天地真理55 水色の恋(6) | トップページ | 天地真理57 水色の恋(8) ピアノアレンジwavファイル »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ