« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

天地真理48-2 Tsujii's overseas operations

After I wrote the previous articles about Tsujii-san, I was informed the two facts.

Firstly, the two labels named
Challenge Classics and PID began to sell Tsujii's CDs at reasonable prices in U.S. and Europe.
I asked avex-Classics about these labels.
They let me know that
Challenge Classics is a Dutch label, and PID is its affiliate to import and sell its CDs in U.S..
Both are legitimate companies which are licensed from avex-Classics.
Their CDs are a little expensive compared with those of major labels,
but they are quite reasonable compared with imported CDs directly from Japan.
They seem to be attached English liner notes, too.
So, I think it is a great progress.

I revise the previous articles here.


Secondly, Liu-san let me know a good news.
Avex Group Holdings announced a new subsidiary establishment.

It says as follow:
   -
Avex Classics International Inc. will be established on October 3rd.
   - The CEO will be Hiroyuki Nakajima.

       (who was introduced as a recording producer in the TV program "Takeshi Art Beat".)

   - Businesses are discovering, development, management, concert planning and producing master recordings of classical artists, including overseas operations.
   - There will be five staffs who have wide experiences and human networks in the classical music field.
   - Nobuyuki Tsujii will belongs to it as a contracted artist.
   - This is a result of the first project calling for new businesses in the company.



We can realize two points from this announcement.
   -
Avex Group admitted Tsujii-san as a core person for a new business and decided to focus on it.
   -
Avex Group laid out the framework that will allow Tsujii-san to actively perform in overseas as a classical music artist.
   
I heard that major labels occupy famous artists, halls, conductors and orchestras.
So it will be a tough challenge for the new company to enter
overseas operations.
But I can appreciate that Avex Group indicated a definite attitude to do their best for Tsujii-san in a classical field.
I hope from the bottom of my heart that the new company will make strenuous efforts and succeed in
leading Tsujii-san to a worldwide virtuoso. 

天地真理48 辻井さんの海外展開

前回の辻井さんの記事を書いた後、2つの事実が明らかとなった。
まず、PIDならびにChallenge Classicsというレーベルが
アメリカやヨーロッパのアマゾンにリーズナブルな値段で辻井さんのCDを販売し始めている。
このことに関し、avex-Classicsに質問したところ、
Challenge Classicsはオランダのレーベルで、PIDはそれをアメリカで輸入・販売する会社とのこと。
いずれもavex-Classicsからのライセンス供与による公認・正規のものとのことだった。

海外レーベルのもとで作られた当地向けCDに比べれば割高だが、
日本からの直輸入盤よりははるかに安く、また英文のライナーノーツもついているようなので、
大きな進歩であると思う。
前掲の記事をここに訂正しておく。


次に、Liuさんから教えていただいた情報で、
エイベックス・グループから「孫会社の設立に関するお知らせ」なるものが発表された。
  ・10/3付で Avex Classics International Inc.という会社を作る
  ・代表取締役は中島浩之氏(たけしのアート☆ビートでプロデューサーと紹介されていた方)
  ・クラシックに特化したアーティストの発掘・育成、マネジメント、コンサートプランニング及び原盤制作 等 を海外展開も含めて行う
  ・クラシック音楽における経験と人脈が豊富な少数精鋭のスタッフ5名
  ・辻井伸行さんを所属アーティストとして予定
  ・本件は
第一回社内起業募集プロジェクトの成果として誕生した
などが記されている。

このことから2つのことが読み取れる。
  ・
エイベックス・グループが辻井伸行さんを新規事業の一つの核として認め、注力していくことを示した。
  ・
エイベックス・グループは辻井伸行さんをクラシック音楽を主な舞台として活躍できる体制を整えた。

海外のクラシック業界では、著名なホール、著名な指揮者、オーケストラとの共演等は
海外メジャーレーベルに牛耳られているという話を耳にする。
それらに対抗していけるか、困難な道だが、
エイベックス・グループが辻井さんのために全力を尽くす姿勢を示してくれたことは
評価できるだろう。
今後のご健闘、ご成功を祈りたい。

2011年8月18日 (木)

天地真理47 映画「虹をわたって」を見よう

ここを訪れる方々は先刻ご承知でしょうが、念のため。
天地真理さん映画主演デビュー作「虹をわたって」が見れるかもしれません。

ドリパスという仕組みで、
チケット購入申込者が9/11までに100名に達すれば、
この企画が成立で上映される、
これに満たなければ、なかったことになる、というものです。

上映は
10/1(土) 18:00〜19:30 @銀座シネパトス
(天地真理デビュー40周年祝賀会終了後だそうです)

チケット購入申込(ドリパス申込)はこちら
(現在の申込者数もわかります)

当時の色と音を鮮やかに再現するため焼きなおした新しいフィルムでの上映とのことです。
皆で見れるか、希望者が涙を飲むかは100名に達するかで決まります。
迷っている方、仕組みを知らなくて後でもいいと思っている方は
ぜひご一考を。

2011年8月17日 (水)

天地真理46-2 Nobuyuki Tsujii Works 2000-2011

I got the new CD "Nobuyuki Tsujii Works 2000-2011".
I have all his CDs until now. But this time, I hesitated to buy it.
One reason is that I really do not like easy-listening piano music.
I do not mean I hate them, but I get bored with them soon.
Trial listening at Amazon made me suppose that it only contains such kind of pieces.

Another reason is that I watched a TV program "Takeshi's Art Beat"
which showed a recording scene of one of the piece in this CD.
And it left a big question in my mind.

But recently, I red a noteworthy essay written by Liu-san (Ms. Liu) in her website.
  "神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 - one person's thoughts"
  https://sites.google.com/site/nobufans/nobuyuki-audios/nobuyuki-tsujii-works-2000-2011

After that, I was inspired to listen to what Tsujii-san saw in his mind's eye,
and I came to realize I may consider what Liu-san worries about, while listening to it.


I think all these pieces in the CD are impromptus which were composed in a short time
by his sensibility and musical ability, facing impressive affairs, scenes and situations,
rather than pieces which composers break their backs for.
Therefore, I do not feel like criticizing the partial resemblance, immaturity and verbosity of them.
I would rather like to think about what he felt through them,
and enjoy the scene and atmosphere which he sensed by his audition and tactile.

It seems almost without effort for him to compose them,
so I do not think that composition itself affect his performances of classical music.
Instead, I appreciate his attitude to play his own pieces in his concert.

Many years ago, Evgeny Kissin played Japanese school songs in his concert
which were arranged by Shigeaki Saegusa.
I got so favorable impression from them.
They were full of delights of piano music.

Vladimir Horowitz also played his own pieces.
Especially, it is well known that his transcriptions were very popular in those days.
His transcriptions such as "Pictures at An Exhibition", "Danse macabre" and some "Hungarian Rhapsodys" captivated audiences in his concert.
I listened to his second live in Japan in 1986.
After the concert, I remember that audiences were leaving the concert hall with gusto.
He played only Schubert's Moment Musical and Moszkowski's Etude with modification in coda for encore.
But he could attract audiences and bring humor.
So, all of the audiences could really feel that it was a wonderful night.
Classical concerts are sometimes too formal and boring.
As Horowitz said, music should be essentially pleasurable.
Of course the main program must be of a quality high enough to penetrate even the harshest critics.
But in an encore, renditions should be needed for hearty entertainment.
Tsujii-san is only a few select pianist who can do this.
His original pieces would help for impressiveness.
This scene of concert in U.S. is an excellent proof of it.
On the premise of excellent main program, if he plays his original pieces for encore,
I think it would not harm his career as a classical pianist
but significantly enhance the appeal of his concert.


I have something on my chest.
Viciously speaking, This CD is for the success of the film "Kamisama no Karute" (God's Medical Chart).
And there are some pieces involved in TV drama and TV commercial which I am doubtful about.
Except for "Kamisama no Karute", he originally composed the pieces out of personal motives.
It seems that guys in show business just utilized his existing pieces.
But close relations with television business make me feel a tinge of uneasiness.

Another skepticism came from the TV program "Takeshi's Art Beat",
where I watched the recording scene of "Morning in Cortona".
A producer and a recording director gave suggestions to Tsujii-san,
such as "more energetic here", "more rhythmical here" and "Last part of the take 1 would be changed to that of the last take".
I can understand these guys were faithful to their duties and did their bests for the piece to be accepted by the masses.
But sometimes it works negatively in musical activities.
It is quite acceptable to make such suggestions for the renditions of film soundtracks by the film director, according to the movie's situations or concepts.
But wasn't it an impromptu which expresses what Tsujii-san felt in Italy ?
So, no matter how famous or major those guys are, I hope to listen to the very feelings of Tsujii-san.
Why they put their noses into his "personal" music ?
They should quietly let him listen to and examine every his takes, and confirm that they meet his images.
I have no objection to his composing activities.
But I have no tolerance for manipulating this kind of his own works in the recording processes.

Even worse is the accompaniment for Ayumi Hamasaki, a Japanese singer,
who is a major contributor to the prosperity of Avex group.
And Tsujii-san belongs to the label "avex-CLASSICS".
Worse yet, I don't like her voice and the way of singing.
If Tsujii-san liked her song and volunteered to accompany her singing on the piano,
I would say nothing.
But I guess he was dragged to some kind of project to liven up this singer.
Worries of Liu-san have proved right.

I searched his CDs in Amazon.com.
Except for "A Surprise in Texas (2010)", there were the list of "Import".
After he won the Cliburn Competition, Hiroko Nakamura, a Japanese famous pianist, said Tsujii-san will be a superstar at least in the United States.
Actually, this movie shows that the audiences in the United States have deeply moved by his renditions.
And it was broadcasted that he succeeded in Europe, too.
But such moved audiences can only get his CDs by import.
Liner notes are only in Japanese.
     (After I wrote this essay, I knew that some foreign labels sell his CDs in Europe and U.S. at a low price.
      But I can not confirm that they are legitimate productions yet.)


For example, at Amazon.com, "Pictures at an Exhibition" costs $44.99 in the United States.
Chaikovski's Concerto is $40.54.
Volodos's CD is $10.96 (Sony Classical), and Pollini's CD is $13.34 (Deutsche Grammophon).
Fans outside Japan must buy his CD at an unreasonably high price.
And DVDs imported from Japan can not be seen in the United States by the difference in region codes (regional lockout).
If people in the United States try to buy "Nobuyuki Tsujii Works 2000-2011" (3000 yen) directly from Amazon.co.jp,
it costs $64.94 with delivery costs ! (1$=77yen)
How does avex-CLASSICS take full account of fans' benefits outside Japan?
It is quite easy to attach the translated liner notes.
There must be some ways to deliver movies to the market worldwide in place of DVDs.
The privilege for the winner of the Cliburn Competition that grants concerts worldwide will soon expire (in three years).
After that, can avex-CLASSICS provide him chances to have concerts outside Japan?
(This is revised in my next article.)


There exists an opinion in the review of Amazon that Tsujii-san might be at his best when he creates music.
I appreciate his sensibility to nature, faculty to express in music and sincerity to reveal them without any pretense.
He himself does not limit his preferences and activities only to classical music.
He is just hoping to make his living in piano playing.
He enjoys and performs today's popular music, popular ballads "Enka" and Jazz.
I think it is favorable.
It is needless to shut him away only in classical music.

But from the two following aspects, I recommend for him to put special emphasis on classical piano playing,
and devote heart and soul to it.

Firstly, I think that the value of Tsujii-san as a classical pianist is much higher than Japanese people would generally expect.
He will succeed Horowitz or Richter in my thought, and definitely will rank with Lipatti.
He possesses deserved musical sense and technique which really moves audiences.

Remember that the records of these great pianists are still loved throughout the twentieth century and into the next, in spite of their poor sound quality.
If Tsujii-san devotes himself entirely to renditions, and they are recorded and distributed worldwide,
he surely becomes similar.
I eager to listen to his renditions of other various pieces.
And I wish he will hand down as many definitive CDs as possible.
They will be loved over the century, become cultural legacy, and be his living proof.
Based on the value, It cannot be disputed what he should  give priority to.
Does avex-CLASSICS have a strong spirit to make his historical album ?

Secondly, I think it is risky to be deeply involved in the show business or the television business.
I hope he takes advantage of the TV industry.
Of course the worst is to be obscure or struggling.
But he has become famous enough.
If he were involved in the show business deeper, he would shorten his life as a pianist.
Needless to say, TV industry cash in on him with his blindness, his fame as a competition winner,
his naive, innocent and unvarnished spirit, and his entertaining ability to make music easily.
If they considered him to be less superior as a classical pianist, or if they got bored with his blindness and his beloved personality, they would draw away from him.
Besides, he would be given a harsh lesson from gossip writers just like the evening of star's glory.
Fortunately, he would not read such jenky magazine or revilement on the net by himself.
I don't mean he should not appear on TV.
He should have a controlled relationship with TV industry.
It is not worth the highest priority.
This was proven by Mari Amachi's experiences who is a heroine in this site.
If you saw each miserable end of popular television stars, who especially had naive, innocent, unvarnished spirits, it would be clear how Tsujii-san should wisely do.


My requests are as follows.
His outputs should be distributed worldwide more conveniently and at a lower price.
It follows that he should be given tough but righteous reviews and comments from outside Japan.
They will lead his career to the right way.
His renditions at the Cliburn Competition were so marvelous that the CDs are worth historical album.
But honestly, some pieces are charms me, but I feel there is no definitive CD in avex-CLASSICS label.
I expect that some renditions in the live concerts after the competition could be definitive.
One is the rendition of Rachmaninoff's concerto No.2 with Tatsuya Shimono = Yomiuri Nippon s.o. on Dec.3.2009.
It had more harmonious sounds and more natural favorable nuances in tense tempo than those of Richter = Wislocki(1959), which I recognize as a definitive one.
Richter transcend Tsujii in massive feeling, exciting rhythm and seriousness,
but totally, I think this rendition is the best performance for this piece that I eager to listen repeatedly.
Believe his potential and temperament, and record his live performances,
expecting his sublime, once-in-forever renditions.
As to his original works, they should be recorded soon after they are composed to listen to his original impressions and enthusiasm.
avex-CLASSICS should make suitable efforts for him as an emerging label.


In November, Tsujii-san will make his Carnegie Hall debut.
Carnegie Hall has special importance for classical pianists.
I wonder if he prepare for that earnestly as he did for the Cliburn Competition.
I wonder if it will be recorded and distributed worldwide, and he will be subjected to serious comments and reviews for better or worse.
I wonder if he can feel the dignity of the Classical Hall of Fame,
and find barriers that are worth overcoming.
I would like to follow his activities.


At the end, I may as well remark my impressions on this CD.
I appreciate "Angel Wings Rockefeller", "River Seine Rondo" and "Whisper of the River" as compositions which have their maturity and originality.
Meanwhile, the melodies in "House of Wind" still stick in my mind, which I have heard somewhere.
Phrases in the beginning and ending are impressive to express two different types of "Wind".
Fragments of multiple melodies remind me of some scenes of Chopin's happy life in the "House of Wind",
which come and go like a fairy tale or a revolving lantern.
They have magical connotations.
"Gods Medical Chart" – letter - makes me feel a good skill of storytelling which let me glimpse the main theme subtly and occasionally.
And the sound of the piano is so beautiful.
Totally, it seems that they are easy listening or healing music,
but his works have not only harmonious sounds and chords but also fantastic descriptions of nature and narrative eloquence.
When I listen to "Homage to Chopin" and the theme from "Still We Live",
I can not help but realizing his strong will to convey what he see in his mind's eye, or what he feels at the bottom of his heart.
They seem like easy listening but I think it includes something never "easy".



Postscript: A kind reader sent me an article about Tsujii-san in a local newspaper.
There, Tsujii-san expresses enthusiasm for his Carnegie Hall debut and says that he would like to penetrate the appreciative audiences overwhelmingly.
He is planning to perform his original piece which he expects to be a one-up degree of perfection as a classical music.
(Shinano Mainichi Shinbun 20/8/11)

2011年8月13日 (土)

天地真理46 辻井伸行さんの自作集

私はつい先日、辻井伸行さんの新作CD「神様のカルテ~辻井伸行自作集」を購入した。
私は彼の今までのCDはすべて持っているし、彼が出るテレビ番組はほぼすべてチェックしている。
従ってこのCDが発売された時も購入を考えたが、どうも気乗りがせずにそのままにしておいた。
その理由は、私はまずイージーリスニング的なピアノ音楽があまり好きでないことがある。
別に嫌いではないが、すぐに飽きてしまうのだ。
このCDに収められている曲も、以前聴いた印象や(既録音の再リリースが5曲入っている)、
アマゾンでの試聴から、それに類する音楽と思えて、買うまでのことはないのではと躊躇していた。
もう一つは、「たけしのアート☆ビート」という番組でこのCDに収められている曲の録音風景が映り、
少々疑問を持ってしまったからだ。

そのような気持ちから一転、このCDを買う気になったのは、
このブログにもコメントをいただいたことがある、アメリカ在住の辻井伸行ファン、
M.L.Liu さんの記事を読んだからである。
この方は、
Nobuyuki Tsujii Fans 辻井伸行ファンサイト」(https://sites.google.com/site/nobufans/)
というWebsiteを作っておられ、
大変精力的に辻井さんの情報を発信し、また自ら批評文も書いておられる。
このWebsiteには、
 ・辻井さんに関する ニュース(日本のものも含めて)
 ・辻井さんのコンサート、マスコミ出演予報
   (驚くべきことに日本のテレビ放送だけでなく、ラジオ放送もフォローされている)
 ・辻井さんに関するFAQ(これが結構勉強になる)
 ・海外での批評記事
 ・YouTubeなどの動画のリストと在り処
 ・他のWebやブログ上での記事やコメントの紹介
   (日本語での表示だけでなく、英文訳まで付けておられる)
などが載せられている。
最初のページ「Nobuyuki Tsujii News 辻井伸行 ニュース」だけでも、
日本の辻井伸行ファンはフォローする価値があると思われる。
ほぼ毎日、何らかの情報が更新されているようだ。
もっとも今は、それだけ辻井さんの情報がどこからか湧いて出ているからなのだが。

私が今回注目した Liu さんの記事は、
神様のカルテ~辻井伸行 自作集 - one person's thoughts
https://sites.google.com/site/nobufans/nobuyuki-audios/nobuyuki-tsujii-works-2000-2011
である。
ここでこの方は、
世界的なピアニストとして歩み出したばかりの辻井さんにとって、作曲に注力することに懐疑的であること、
自作作品はまだ不完全で、似たようなフレーズが多く、優しすぎること、
「コルトナの朝」や「風がはこんできたもの」は、以前のヴァージョンでの魅力的な部分が改変されていて不満であること、
などを書かれている。
一方、このCDを、実際のところ心地よく聴いていること、
聴くうちに彼ならではの良さに気付いてきていること、などを語られている。
何より、この方は、これらの曲を通じて、
辻井さんが優しさと愛らしさを歌ってくれているように感じること、
そしてこの世の中が、彼が心の目で見るもの(ここで歌ってくれているもの)
のようにはいかない悲しさをも感じておられる。

私はこの記事を読んで、辻井さんが心の目で何を見て、どう表現しているのか、
まとまった形で聴いてみてもよいと思った。
それと同時に、Liuさんが感じておられる不満や不安を、
これを聴きながら自分なりに考えてみてもよいと思うようになった。


私は、このCDに収められている曲はすべて、
作曲家が身を削るようにして作り上げるような作曲というよりはむしろ、
辻井さんが経験した印象的な出来事、場面、情景に彼の感性が反応して、
彼の類い稀な音楽的センスと共鳴して、短時間で出来上がった即興曲集ととらえている。
従って細かい類似性、稚拙さ、饒舌さがあっても、それをとやかくあげつらう気になれない。
むしろ私はこれらの曲を通じて、彼は何を感じたかについて思いをはせ、
彼が聴覚と触覚とから感じ取った情景や雰囲気を楽しみたいと思う。
また、恐らく軽々とこれらのことをやってのけているように見受けられることから考えると、
これらの作曲そのものが、彼のクラシック演奏家としての活動に影響を与えるとは思わない。
むしろ私は、彼の演奏会において、アンコール曲としてこれらの自作曲を弾くことは
良いことではないかと考えている。

ずいぶん前にキーシンが日本に来た時の演奏会で、
アンコールに日本の唱歌を三枝 成彰さんがピアノアレンジしたものを弾いていて、
とてもいい印象を持ったことを覚えている。
ピアノ音楽を楽しむ雰囲気にあふれていた。

ホロヴィッツも自作曲を弾いたりしているが、
彼の編曲作品が、当時の聴衆に大変な喜びを与えたことは周知である。
「展覧会の絵」「死の舞踏」そしていくつかの「ハンガリア狂詩曲」。
これらがあるとないで、演奏会の魅力は大きく変わっただろう。
もちろん、レコードでしか聴けなかった私も大いに楽しんだ。
私はホロヴィッツの1986年の2度目の日本公演を聴いたが、
終わった後、聴衆が皆ニコニコと、実に楽しげに帰っていったのを今でも覚えている。
この時のアンコールは、シューベルトの楽興の時と、
コーダを少々変更したモシュコフスキーの練習曲を弾いたぐらいだったが、
聴衆をひきつけ、時に笑いを誘うぐらいのユーモアがあり、
演奏会を皆が本当に楽しんだ、という雰囲気が感じられた。
クラシックの演奏会は、実際のところ退屈で、しかつめらしいことも多い。
しかし、ホロヴィッツが常々言っていたように、音楽は本来楽しくあるべきだ。
もちろん本プログラムでは、口うるさい論客も唸らせ、黙らせるクオリティが必須だが、
アンコールなどでは、音楽を心から楽しいと思える演出もほしい。
そして辻井さんは今、それができる数少ないピアニストだと思う。
このことに、彼の自作物は大いに貢献するだろう。
それはアメリカでのコンサートの模様を映したこの映像を見てもよくわかる。
もちろん、本プログラムの演奏クオリティが維持されることが前提だが、
私はアンコールなどでこのような曲を弾くことは、
決して彼のクラシック音楽家としてのキャリアに害を与えるものではなく、
むしろ彼のコンサートの魅力を大いに高めるものだと思っている。


ただ、気になることもある。
Liuさんは以前の「Summer Thoughts and Worries」という記事で、
辻井さんに関する4つの心配ごとを述べておられた。
それは次のようなものである。
  ①最近の演奏会で珍しく何度かミスタッチをした。作曲で彼の時間と集中力を奪われていないか。
    ピアノ演奏にプライオリティをおいてほしい。
  ②もうピアノ指導を受けなくてよいのか、作曲するならそれもきちんと習う必要がある。
  ③嫉妬からくる悪評が増えているように思う。マスコミに出過ぎではないか。
  ④所属の音楽事務所avex-CLASSICSは大丈夫か。
   クラシックのキャリアを積む上で本当に彼の力になれるか。
   クラシック以外の方へ引っ張っているのではないか。

この方の心配は全く的を得ている。
そして私は正直、辻井さんがうらやましい。
同時代にここまで彼のことを真剣に思い、心配し、愛情を持って批評してくれる人がいるのだ。
私は辻井さんに関するインターネットの記事をあまりフォローしておらず、
従って、日本のファンの方々がどのように語り合っておられるのか知らないのだが、
もう少し日本のファンの受け止め方を私自身勉強する必要もあるようにも思う。
日本のファンの中にも同様に心配しておられる方がいるだろう。


まずうがった見方をすれば、このCDは、
映画「神様のカルテ」の興行を成功させるためのものだ。
そして私が信用できないテレビとのかかわり、テレビのドラマ音楽、そしてCM音楽がある。
今はまだ、「神様のカルテ」を除けば、彼が自らの動機で作った曲を、
流用している印象はある。
しかし私は、このようなテレビの、しかも音楽番組でないものへ関わりを持つことに
一抹の不安を感じる。

さらに、このCDを買うことを躊躇した理由の一つとして挙げた、
「たけしのアート☆ビート」という番組では、「コルトナの朝」の録音風景があった。
そこで、プロデューサーとレコーディング・ディレクターが、
ここはもう少し盛り上げて、ここはリズミックに、
そしてTake2と最終Takeをつなげたいなどと話していた。
この方々は、このCDが売れるように、この曲がより多くの大衆に受け入れられるように、
職務に忠実に、そして誠実に最大限の努力をしていることは理解できた。
しかしそれがあだとなることが、音楽の世界では往々にしてあるのだ。
これが「神様のカルテ」のような映画音楽として使われるものなら、
映画監督が、映画のシーンや構想などに従って音楽担当の辻井さんに注文を出すことはわかる。
しかし「コルトナの朝」という即興曲は、辻井さんがイタリアを旅した時の印象を音楽にしたものではないのか。
ならば、これらの方々がどんなに高名で偉大な
方々であっても、
その人がいじった音楽ではなくて、辻井さんの感性そのものを私は聴きたい。
なぜ、そのような音楽にまでこの人たちは口出しするのか。
むしろだまって、辻井さんにしっかりと各Takeを聴かせ、
自らのイメージに合致するのかを問い、納得いくまで吟味させるべきではないのか。
私は辻井さんが作曲することや、それを披露することに全く異論はない。
ただ、こういう風に自作集を出すとなった時に、
わけのわからない人がいろいろ口出しをして捻じ曲げられてしまう、
そのことが我慢ならないのだ。

そして、あいた口がふさがらないのが、
辻井さんが、浜崎あゆみさんの歌の伴奏をしていることである。
ご存知のように浜崎あゆみさんはエイベックスグループを業界の一大勢力に押し上げた
最大の功労者である。
そして辻井さんが所属するレーベルがavex-CLASSICSだ。
悪いことに、私はこの浜崎あゆみという歌手の声や歌い方があまり好きでない。
これは好き嫌いの問題であるから、ファンの方がおられたら受け流していただきたい。
もし辻井さんがこの歌手を好きで、自ら伴奏を買って出たのなら何も言わない。
しかし、グループを挙げて持ち上げている歌手のプロジェクトの一環として、
今人気の辻井さんが担ぎ出された感は否めない。
Liuさんの心配は的中しているのだ。


私はふと、Liuさんが辻井さんのCDなどをすべて持っておられることを思い出して、
米国Amazon.comで、辻井さんのCD、DVDを検索してみた。
「A Surprise in Texas (2010)」というクライバーンコンクールのドキュメンタリーDVDを除いて
すべて輸入盤が並んでいる。

クライバーンコンクール優勝直後に、ピアニストの中村紘子さんが
辻井さんは少なくともアメリカではスーパースターになるのではないかと言っていた。
実際、上でも紹介したこの映像ではアメリカの聴衆がとても魅了されていることがわかる。
ヨーロッパでも評判が良かったことが伝えられている。
しかし、そのような海外のファンは、辻井さんのCDを輸入盤でしか得られないのだ。
しかもライナーノーツは日本語のみである。

例えば「展覧会の絵」(CD1枚)はアメリカでは$44.99
チャイコフスキーの協奏曲(CD1枚)は$40.54 だ。
1$77円としても$44.99は3464円だから、これは相当高い。
アメリカでは、ヴォロドスの最新CD1枚が$10.96、2枚組CDが$16.98(Sony Classical)
ポリーニのCD1枚が$13.34、2枚組が$16.67(Deutsche Grammophon)だ。
海外のファンは法外な価格で辻井さんのCDを手に入れているのである。
しかも、付属のDVDはアメリカでは規格が異なるため(普通のやり方では)見れない。
きくところによると、Liuさんは日本のアマゾンから直接購入しておられるらしい。
日本アマゾンから直接買うと北米向けは2000円、ヨーロッパ向けは3000円の送料がかかる。
従って3000円のCDは、アメリカで購入すると送料込で5000円、実に$64.94だ。
Liuさんは、辻井さんのCDは、それに値するとおっしゃっているが、
avex-CLASSICSはどれだけ海外ファンのことを考慮しているだろう。
英訳したライナーノーツをつけることぐらい簡単にできる。
DVDも別途配信するなど、手はいくらでもあるだろう。
世界視野で考えた時、avex-CLASSICSは辻井さんの価値に応えきれていない。
そしてクライバーンコンクール優勝のオプションである3年間の海外演奏機会はもうじき終わる。
その後、世界へのチャネルは確保されるのだろうか。
世界規模で見た時、avex-CLASSICSは辻井さんのファン拡大、魅力浸透の機会を損なっているように思える。
これはテレビや歌手伴奏などに引き込む以上に罪が大きいだろう。
(その後、新たな展開があった。次の記事をご参照のこと。)


この自作集のCDについて、日本アマゾンでの評に、辻井さんの”本領は「創作者」であると思う”
という意見があった。
私は、辻井さんの感受性と、それをやすやすと音楽にしてしまう能力、
そしてそれをなんのてらいもなく披露してしまう素直さに大きな魅力を感じる。
また辻井さん本人も、音楽においてクラシックだけを特別視しているわけではないのだろう。
彼はピアノで生きていきたいのであって、
歌謡曲でも演歌でも、ジャズでも同じ音楽として彼は楽しみ、表現する。
私はそれ自体はとてもいいことだと思う。
彼をクラシック音楽という狭い空間に閉じ込める必要は全くないと思う。

しかし以下に述べる2つの観点で私は、
辻井さんはクラシックの世界に軸足を置き、
そこで身を削るような精進をしてほしいと考える。

その一つは、辻井さんのクラシック音楽界における価値は、
いま日本で考えられているよりはるかに高いと、私は思っているからだ。
ホロヴィッツ、リヒテルに次ぐ、恐らくリパッティに匹敵する、
心底人を感動させる音楽性と技術を持っていると思う。
これらの人の残した演奏は、その貧弱な音質にもかかわらず、
世紀を超えて愛され続けているのだ。
辻井さんがきちんと精進し、その結果をきちんと記録して世界に配給できれば
必ずそうなると思う。
私はもっといろいろなクラシックの曲を辻井さんに弾いてもらいたい。
そして歴史に残る決定盤を一つでも多く残してもらいたい。
それは時代を超えて愛されるもの、かけがえのない文化遺産になり、
辻井さんがこの世に生を受けた立派な証ともなるのだ。
その価値から考えれば、何にプライオリティを置くべきか、議論の余地はないだろう。

avex-CLASSICSというレーベルは、辻井さんの歴史的、決定的名盤を残そうという気概があるだろうか。


もう一つは、ここ半年彼が力を注ぎ、関係を深めている映画、テレビ業界とは
上手く付き合ってほしい、それを上手く利用してほしいが、
そこにプライオリティを置くことは非常に危険だ、ということだ。
もちろん一番悪いことは、世に知れないこと、売れないことだ。
しかし辻井さんはもはや十分それを達成した。
これ以上を求め、とりわけテレビ業界と付き合いを深めることは、
かえって彼の音楽家としての寿命を縮めることになるだろう。
言うまでもないが、今彼をテレビで使うのは、
彼が全盲であり、国際コンクール覇者であって実力があり、素直で明るい性格があるからだ。
そして作曲、即興という格好のエンターテインメント性を持っているからだ。
しかし、それがどんなに素晴らしくとも、またその実力を維持していても、
クラシック音楽家としての実力に陰りが見え、全盲であることやその愛すべき性格に飽きられたら、
恐らく潮が引くように関係者は去っていくだろう。
それだけでなく、芸能マスコミから、人気者の末路としての酷い洗礼を受けるだろう。
幸いなことに、彼は劣悪な雑誌やネット雑言を直接見ることはないだろうが。
私はテレビに出るなと言っているのではない。
必要なのは飽きられないように、かといって忘れ去られないように、
十分制御された形でつきあってもらいたい。
そこは決してプライオリティを置くに値する世界ではないということだ。
このことは、このブログの主人公である天地真理さんが身を持って示してくれたことであり、
その後の多くの人気者がたどった末路を見れば、何が賢明かは明らかだ。

私が注文するとすれば、
辻井さんがクラシックの世界に軸足を置き、そこで精進していくためには、
彼の作品をもっとわかりやすく、手に入れやすい形で世界に配信、配給し、
世界のファン、批評家からのフィードバックを受ける仕組みを作ることだと思う。
彼はもっと海外の厳しくも正しい声にさらされるべきだ。もちろん称賛の声にも。
彼の、クライバーンコンクールでの演奏は素晴らしく、
その記録のCDは歴史に残る名盤だと思う。
しかし正直にいえば、それに前後するavex-CLASSICSからのCDには、
部分的に素晴らしい演奏はあるものの、決定盤と呼べるものはまだないと思っている。
むしろコンクール後のライブに、決定盤となりえる演奏があったのではないか。
私は2009
 年12月3日に、下野竜也指揮で読響と共にオーチャードホールで演奏した
ラフマニノフの協奏曲第2番が
とても素晴らしかったと記憶している。
私にとっての、この曲の決定盤、リヒテル=ヴィロツキ盤(1959年)
に比べても、
その重量感と迫力のある音や豪快なリズム、深刻さ、には敵わないが、
引きしまったテンポの中に、はるかに美しい音、はるかに自然で魅力的なニュアンスなどがあふれ、
全体としてみて、十分肩を並べるうる見事な出来だったと思っている。
 
彼の気質、実力を信じるなら、もっとライブ録音を残してほしい。
とんでもない名演が生まれることを期待して、無駄を覚悟で毎回録音してほしい。
そして自作物を残すなら、もっと作った直後のみずみずしいものをこそ残してほしい。
新興レーベルとして、辻井さんに合った努力をしてもらいたい。

今年の11月に辻井さんはカーネギーホールにデビューする。
カーネギーホールはクラシック演奏家にとって特別な意味がある。
クライバーンコンクールに臨む時のように、身を削るような準備をしているだろうか。
そしてその実況録音はきちんと残されるだろうか、
それは世界に配信、配給されるだろうか、
さらには、それへの世界からの批評を、良くも悪くも、彼は受け取ることができるだろうか。
彼はそこで、クラシックの殿堂の偉大さや重さと、
これから乗り越えるべき、やりがいのある壁を感じることが出来るだろうか。
私は注目したいと思う。


最後に、この曲集への私の印象を書き留めておきたい。
この曲集の中では、旧作の
「ロックフェラーの天使の羽」、「セーヌ川のロンド」、「川のささやき」
あたりが、作品としてみた時、独創性や完成度が高いように思う。
だが「風の家」の、どこかで聴いたようなメロディが頭から離れないのも事実だ。
冒頭とエンディングの、種類の異なる「風」を思わせるフレーズが印象的だし、
どこかで聴いたような複数のメロディの断片が流れることで、
風の家で起きた、ショパンを取り巻く幸せな出来事の情景が、
どこかメルヘンチックに、あるいは走馬灯のように
現れては消える、不思議な魅力を持った作品に仕上がっていると思う。
「神様のカルテ=手紙=」では、メロディが見え隠れする語り口のうまさと、
ピアノの音の美しさにほれぼれする。
全体として、イージーリスニング(あるいはヒーリング)的ではあるが、
辻井さんの音楽には、ただ単に心地よい音や和音を並べただけでない、
はっきりとした対象に対する描写力の素晴らしさ、物語的な能弁さがある。
そして「ショパンへのオマージュ」や「それでも、生きてゆく」などを聴くと、
彼が心の目で見たもの、あるいは心の奥底で感じた何かを伝えようとする
力強い意志のようなものを感じずにはおれない。
イージーリスニング的ではあるが、決してイージーでなないものが、
これらの音楽の中には流れていると思うのだが、どうだろうか。

2011年8月 5日 (金)

天地真理45 真理さん真保さんがお元気であってこそ

天地真理ファンクラブによる天地真理Official Website が立ち上がり、
今年のいろいろな活動がアナウンスされ始めた。
そして、娘でありファンクラブの代表でもある真保さんから、
 ・会員、スタッフへの感謝、
 ・真理さんもとても喜んでおられること
 ・ファンが作り上げるファンクラブにしたい希望
 ・真理さんの体調を第一優先にしたいこと
 ・それ次第では企画変更もありうること
 ・みんなが笑顔になれることへの願い
などがTweetされていた。

このファンクラブが現役歌手を取り囲み、盛り上げることを目的とした通常のファンクラブとは
趣が大いに異なることは、ご承知のとおりと思う。
それを踏まえたうえで言えば、真保さんの「真理さんの体調を第一優先にしたい」という言葉は
私には大変うれしい。
娘さんが代表であること、そしてこの方がこのような意識をきちんと持っておられることが、
私に安心感を与える。

物事を成し遂げようとする情熱や達成感を求める気持ちを持ちながら、
非常時を想定したリスク管理も同時に行うことは、大変難しいことだ。
それは原子力平和利用の名のもとに進められてきたことを見れば明らかである。
ましてやこれが一人の、あるいは少人数の判断で決めていくとなると、
いろいろ葛藤も予想される。

このような状況を何とかうまくやるには、
当事者の中でのプライオリティの明確化と、周りの理解が必須だろう。
当事者の代表である真保さんは、このプライオリティをはっきりと表明された。
私は周りのものとして、そしてこれらの活動で恩恵を受けるものの一人として、
ここに意思を表明しておきたい。

真理さん、真保さんの心身の健康を第一に考えてもらいたい。
またそれに何らかの問題が生じたがゆえに、この記念すべき年の行事が中止となっても、
私は喜んで受け入れる。
問題が起きた時は、どうか勇気を持って行事や企画の延期や中止を表明してもらいたい。
それが私の望みだ。
私は真理さんや真保さん、ファンの方々と交流を持ちたいが、
あくまでそれは真理さん、真保さんがお元気で前向きに取り組める状況にあることが前提だ。
そうでないならば、私はむしろ御免蒙りたい。


忙しくなってきつつある真理さん周辺だが、
こんな時の真理さんのお気持ちを考える際に思い出すのが、
春の風さんのブログで公開された、デビュー前の真理さんに関する証言集である。
私はこれを大変興味深く読んだ。

その中でひときわ目を引いたのが、
中学2年から高校3年まで教えていた音声科の先生の、
「ずいぶん厳しくレッスンしたこともありましたが、決してヘコタレる事はありませんでした。」
という言葉だった。
この先生はただ、彼女のレッスンの様子を思い出し、愛情をこめて述べられただけだとは思うが、
その後の真理さんの人生を考えると、この「ヘコタレる事はありませんでした」という言葉は
私の心に響く。
彼女は体調不良等を理由に活動を休止する期間があった。
活動休止自体が「ヘコタレ」たことだと見る向きもあるかもしれないが、私は逆だと思う。
私は彼女が、「ヘコタレ」ずに頑張り続けたことこそが、体調不良等にまでなった一因ではないかと考えている。

そしてその証言集の中では、「地味でおとなしい」「しずかなおとなしい女の子」である一方、
自ら「有名になりたい」と言い、「夜のお店でギターの弾き語り」をするなどのエピソードが
紹介されている。

こうと決めたことからは逃げない、ヘコたれない気質と、
おとなしいながら、誘われたりそそのかされたりではなく自ら歌手への志を持ち、
有名であることへの素直な憧れを持っていた、
ということがうかがわれる。

この「ヘコたれない気質」と「有名であることへの素直な憧れ」は、
その後の彼女の生き様を見た時、とてもよく表れているように思う。
アイドルの中には潔く、あるいは上手く、この業界から逃げた方々もいたが、彼女は逃げなかった。
歌手復帰後、あるいは歌手活動をやめた後の活動も、
「ヘコたれない気質」と「有名であることへの素直な憧れ」の発露として理解することもできるのではないか。

これに限らず、今でも巷で真理さんだと気付かれると、
気さくにサインに応じるなどしているという話が聞こえてくることから考えると、
真理さんは今も、どうかそっとしておいてほしい、と考えるよりは、
天地真理として認め、慕ってもらえることに喜びを感じる気質をお持ちではないかと思う。

私個人は、真理さんが娘さんと共に健康に過ごしていて、
時には我々のようなものが真理さんの歌をほめたたえるのをどこかで見ていてくれて、
微笑んでくれたり、突っ込んでくれたりしていて、
そんな様子の一端が、時々会報等でうかがい知ることができれば十分だ。
もし真理さんが、ファンの前に出るのはまっぴらだ、あるいは歌などを人前で披露するのはもうごめんだ、
というのなら、それでいい。
しかし、真理さんが上記のような気質をお持ちならば、
ファンクラブの活動の中で、ファンと直接交流を持つことは、
真理さんに心の喜びを与えるのではないかという気持ちも捨て切れない。
ファンクラブの活動が、真理さんに適度な緊張感と、
適度な愉快感を与えるものになりうるのではないか。


その意味で、このファンクラブは大いなる実験だろう。
私は真理さんの今年の活動が、何か特別華々しい、あるいはマスコミやテレビにまで波及する
大きなうねりになることを期待していない。
華々しく取り上げるべきなのはむしろ、過去の業績や過去の作品であって、
それらを正当に評価すべく、周りの機関にはご尽力願いたい。
しかし今の真理さんとファンの関係は、もっと成熟した、もっと穏やかな、もっと心温まるものであってほしい。
そしてそれが静かに広がり、長く続いてほしい。


ただ、ここからは私の、少々踏み込んだ意見となる。
真理さんも、ファンと接点を持つからには、何かアウトプットも与えたいと思うだろう。
こう言っては失礼かもしれないが、それは本当にささやかなものでもいいと思う。
出来れば真理さんが自ら志された音楽で。
ファンクラブで計画もあるようだ。
私が今祈りたいことは、何かいい表現方法にたどりついてほしいということだ。
真理さんが納得できるものを見つけてほしい。

ホロヴィッツも、ある年齢以上になると、とても全盛期の再現などできなかった。
しかし晩年には、元から持っていた音楽性が、
その弱音やぺダリング、ニュアンスなどに、より練りこまれた形で出ていた。
そしてファンととても幸せな時を過ごした。
私はいつか真理さんもそのような幸せな関係を、
どんなに小規模な形でもいいから持ってもらいたい、
持たせてあげたいと思う。

私は正直なところ、昨年放映されたテレビ番組で、
レッスン風景として歌っておられた真理さんのファルセットの声が忘れられない。
それは若い頃の伸びやかさやなめらかさ、奥行き感、声量には遠く及ばなかったことは認める。
時にかすれ、時に出にくく苦しそうに見える部分もあった。
しかし私はそんなことより、まだファルセットが出るのだということがうれしくてしようがなかった。
そしてまさにそれをレッスンしていたのだ。
もしあのような歌声がまた聴ければ、
それがどんなにか細くなっていても、どんなにかすれていても、
私はその中に天地真理の音楽を聴くことができるだろう。
問題は、その中にどんな天地真理の音楽があるかだ。

あくまでこれは真理さんが自ら、何らかのアウトプットを持ちたいと思った場合のことだが、
そして、真理さんが上記のように実際にレッスンをしていたから言うのだが、
私には、そんなファルセットの1曲が聴けるだけでも、
恐らく感涙ものの感動を味わってしまうと思う。
そしてもし万一そこに足らない部分があっても、それは私の中の何かが補ってくれるだろう。
それが、若い頃の、(プレミアムボックスで聴けるような)文句なしに与えられる一方のものではない、
ファンと共に作っていく、
成熟した天地真理さんの音楽の姿ではないかと思う。

2011年8月 1日 (月)

天地真理44 Official Website & 全国サークル

天地真理ファンクラブによるOfficial Website開設と、 全国サークル(ファンの集い)立ち上げが
アナウンスされました。

天地真理SONGS観賞会(9月11日) @東京
天地真理デビュー40周年祝賀会(10月1日) @東京
東海サークル(10月15日) @愛知
大阪サークル(10月16日) @大阪
九州サークル(10月22日) @福岡
東京サークル(11月5日) @東京
北海道サークル(未定)
東北サークル
(未定)
北陸サークル(未定)
中国サークル(未定)
四国サークル(未定)

などが告知されています。
いよいよですね。

SonyMusicやTBS、松竹あたりからのサプライズはどうなんでしょう。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ