« 天地真理46-2 Nobuyuki Tsujii Works 2000-2011 | トップページ | 天地真理48 辻井さんの海外展開 »

2011年8月18日 (木)

天地真理47 映画「虹をわたって」を見よう

ここを訪れる方々は先刻ご承知でしょうが、念のため。
天地真理さん映画主演デビュー作「虹をわたって」が見れるかもしれません。

ドリパスという仕組みで、
チケット購入申込者が9/11までに100名に達すれば、
この企画が成立で上映される、
これに満たなければ、なかったことになる、というものです。

上映は
10/1(土) 18:00〜19:30 @銀座シネパトス
(天地真理デビュー40周年祝賀会終了後だそうです)

チケット購入申込(ドリパス申込)はこちら
(現在の申込者数もわかります)

当時の色と音を鮮やかに再現するため焼きなおした新しいフィルムでの上映とのことです。
皆で見れるか、希望者が涙を飲むかは100名に達するかで決まります。
迷っている方、仕組みを知らなくて後でもいいと思っている方は
ぜひご一考を。

« 天地真理46-2 Nobuyuki Tsujii Works 2000-2011 | トップページ | 天地真理48 辻井さんの海外展開 »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

私は、東京に住んでいないので、申込みに躊躇しておりますが、1週間たって、43名しか申込みがないのは残念です。東京で、100名を集めるのは、きわめて簡単だと思っておりましたが、・・・・。最終的には、100名を達成すると思いますが、やはり、興行・ビジネスとして、試すようなこの方式は好きになれません。最初からファンクラブで、100名を確保しておいて、後で、経費を回収する方法もあるのではないでしょうか。

chitaさん
コメントありがとうございます。
3年前に横浜黄金映画祭で上演されたらしいので、
どうしても見たい方々はそこで既に見られたのかもしれませんね。
ファンクラブもまだ100名そこそこなので、100という数字は結構厳しいように思います。
おっしゃるように、上手く成立した時はいいですが、
駄目だったときは、真理さん始め関係者の方々ががっくりされないよう祈ります。
数の力だけではないものもあるんです。

真 様
 私は、最近、YTの中の天地真理をほとんど全てを見ました。そして、先ほど、貴ブログも全部読みましたが、まったく、私が感じていたことが書かれているので、びっくりしておりますし、分析力には敬意を表します(音楽の工学的分析はちょっと難しいですが)。

 ところで、YTで、75~76年のFM等の会話、ひょうきん族出演、2000年以降の番組などを聞くと、一部のブログ(天地真理ファンのもの)で書かれているような精神的な病気とは思えません(昨年、ご本人もテレビで言っていた)。問題は、2000年以降の歌がYTに残ってしまっているのが気がかりです。
 直接、会ったことがないので、ご本人がどう思われているのか、また本当の声、歌い方がどうなのかわかりません。まったくバーチャルな世界しか知りません。
 それで十分満足なのですが、あえて希望を言うと、今の喉の状態に合った曲を40周年として、世間に広く情報発信していただきたい。昔のヒット曲でなくても、ジャズあるいはボサノバのスタンダードナンバーがいいですね。おそらく、このようなプロジェクトが計画されていると推測しておりますが、落ち着いた60歳の天地真理を楽しみにしております。

chitaさん
私の冗長なる文章をお読みいただき誠にありがとうございます。
私も多くの先輩方のネット上の記事を読み、共感を覚えることが多いです。
天地真理さんが不世出のメゾソプラノファルセットであったことは明らかで、
後はそれが気付かれていない、あるいは気付こうとされていないだけのことだと思います。

chitaさんがおっしゃるように、私もYTにある2006年頃のテレビ出演時の最後に地声でちょっと歌った、
Fly me to the moon がいい感じだったので、
そういう路線もいいのではと、昨年の真理さんのお誕生日コメントで申し上げたことがあります。
まさしく「ジャズあるいはボサノバのスタンダードナンバー」といったところです。
でも、最近の記事で書いたように、少々か細くともファルセットで歌ってくれたら、
その時はその時で感激して涙ぐんでしまうと思います。

真理さんの歌に心底魅せられたものは誰しも、
どこか心の奥底でその復権、再認識、再発見、汚名挽回のようなものを願っていて、
今の真理さんにも、やりようによってはそれが出来ると、心の片隅で思っているかもしれません。
その心情は私にも大いに理解できます。
ただ今の私は、気付かない、気付こうとしない、あるいは理解しようとしない方々を相手に
真理さんが何かを頑張るよりは、
既に気付き、理解しているファンを相手に楽しい時を過ごす方がいいと思っています。
そんなファンにとっては、どのようなものでも大歓迎なのではないでしょうか。

真さん、こんにちは!
ドリパスの「虹をわたって」、締め切りまで2週間を切って現在半分の50枚です。
上映なるかどうか、微妙なところですね。
ニュープリントにかかる費用をどこが負担されるのかを考えると、シネパトスさんだとすると、利益が全く無いか赤字。
松竹さんだとすると、これからの他の作品を含めた上映機会やDVD化した場合の売り上げが見込めるかどうかの試金石。
どちらにしても、40周年を機会に何とか盛り上げようと努力されている方たちがいるのだと思います。
最近、すこしづつネットの複数のところで、この企画をとりあげているところを見かけるようにはなりましたが、パソコンをあまり使わない多くのひとたちにPRするのは、なかなか大変なことだと実感させられます。
是非、ひとりでも多くの人に購入していただいて、上映を実現していただきたいものです。

sakura6809さん
コメントありがとうございます。
「愛ってなんだろ」を何度も見られたとお聞きするsakura6809さんは
「虹をわたって」も繰り返し見たいところでしょう。私もです。
YTで断片的にうかがい知るところでは、
ギターの弾き語りなどもあって、とても魅力的だと思うのですが。

YTの閲覧総数を見ると、真理さんを見たい潜在需要は結構あると思うのですが、
この映画見ること自体に需要がないのか、それはあっても値段とか、映画館に行きにくいとか
制約条件の方の問題なのか、知りたいところですね。
私も正直、決まった時間に映画館に行くということが年々難しくなっていて、
やはりDVDとか、あるいはもっと初期費用の安い配信方法によって
手に入れられないか、という思いがあります。
団塊の世代から我々の世代も含む老後の楽しみとして、
1960-1970年代のテレビ、映画に関して、超少量超多品種の需要に廉価に応える仕組みを
編み出してもらえないものかと思います。

中高老年の人たちを自発的に映画館に集めるのは大変ですよね。
私は、ビートルズが聞きたくて、以前からYTを見ておりました。今では、ビートルズに関するものは、びっくりする量の歌、動画などのデータが流出しております。動画も、映画の場面ばかりでなく、テレビ番組、インタビュー番組など、おそらく、当時の日本では、見れない、聞けないものばかり。当然、ビートルズは、全世界からいろいろ投稿されているので、もう、著作権とか何とかは、関係ないのでしょうね。もう2人が亡くなり、ビートルズは実在しないし、貴重な録音データを持っている人も、相当高齢になっていることから、そのデータを流出していると想像してます。いずれにしても、このYTで、ビートルズは、永遠に、広く後世に伝えられていくでしょう。
私は、天地真理のファンクラブに加入していませんが、「ファンクラブ以外の多くのファンのために、動画で、天地真理さんの近況メッセージ、コメントを広く発信することを希望します」と、「天地 真理 OFFICIAL WEBSITE」に意見を出しました。やはり、芸能人ですから、素人が考えるほど、簡単にいかないでしょうね。

chitaさん
私もHorowitzというピアニストに関して、同様な経験をしました。
Horowitzの場合はやはり、親族(奥さん)も全て亡くなってから
いろいろ出ましたけど。

今の天地真理ファンクラブに加入されている方々は、
いってみれば何があっても真理さんをサポートしていこうというという気持ちを
お持ちの方々のように思います。
一方、私はchitaさんのような、ファンクラブには所属してはおられないが、
やはり真理さんのファンであって、真理さんの近況が気になる方々は、
現在のファンクラブ会員よりははるかに多く、また重要な存在のように思います。
真理さんの近況などは、今までは娘の真保さんのBlog
(本Blogの右上のリンク「MAHO☆Style」)
に時々出ていましたが、
今後は恐らくOFFICIAL WEBSITEの方に出るのではないかと思います。
ファンとのインタラクティヴな関係は、あまりオープンにやるといろいろ問題が起きるようで、
ファンクラブ会員限定とか、有料会合限定とかになるのはやむをえないと思いますが、
近況報告など一方的な広報活動は、
公式サイトで行われていくことを私も期待しています。

どうか今後も私のBlogに限らず、右リンクにある諸先輩方のHP、Blog、BBSにお立ち寄りいただき
気が向かれたらコメントやご感想をお寄せいただければと思います。
(「天地 真理 OFFICIAL WEBSITE」へも。恐らく有り難がっていると思います。)
こうやって恥ずかしながらいろいろ書き表している者にとっては、
常連の方々のみならず、新たな方々からコメントをいただくことも、
大変嬉しく、励みになるものですから。
これからもよろしくお願いいたします。

ドリパス成立! バンザーイ
最初は どうなる事やらと 思ってましたが 良かった良かった~
いよいよ 静かに いい感じで 動き始めましたね 
別に TVも マスコミも 再ブームもいらない! 真理さんが 好きな人だけで 楽しく盛り上がれば それでいいのでは と思うようになりました 
真理さんが 好きな人だけの 特典です  
真理さんご本人も ゆっくり 楽しく 活動していただければって思います。 

「虹をわたって」ドリパス成立おめでとうございます。
私も一時はどうなる事かと思いました。
共演者のファンの方も力添えを下さったとか。
ついでにDVDにしてもらえればうれしいんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/52504226

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理47 映画「虹をわたって」を見よう:

« 天地真理46-2 Nobuyuki Tsujii Works 2000-2011 | トップページ | 天地真理48 辻井さんの海外展開 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ