« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

天地真理38 「インベンション」(ピアノ演奏)

天地真理さんの歌の特長を理解する上で、
彼女のピアノ演奏を分析してみる価値はあると思う。
彼女は、公式音源でも何回かピアノ演奏をしている。
語りのバックに使われたショパンの演奏、弾き語りの演奏などがあるが、
唯一、ピアノ独奏として単独録音されているものが
バッハ「インベンション第15番」である。
私は、天地真理さんの歌へのアプローチの原点がここにあると思っている。

真理さんは国立音大付属の音中時代はピアノ科で、音高時代は声楽科に転向している。
(これは正確ではないようだ。正しくはひこうき雲さんの記事をご参照下さい)
手の大きさが影響したらしい。
声楽科への転向が歌手天地真理へとつながったのだから、
何が幸いするかわからない。
私もピアノを少々弾くからよくわかる。あと1cm指が長かったらと何度思ったことか。
大学生になってから、毎日プロセスチーズ1本、煮干し1袋食べていたことがある。
情熱はあったが、常識に欠けていた。

彼女はショパンが好きと言っていたが、
きちんと録音したのはバッハだった。
バッハのインベンションは教育目的で作曲されたらしく、
音楽学校では課題曲として使われていたのだろう。
彼女が単独録音としてこのバッハを選んだのは、
音楽学校でレッスンを受けたものであるのはもちろんだが、
何かの際にこの演奏を褒められたことがあるのではないかと想像している。
つまり音中ピアノ科卒として恥ずかしくない実績のある曲だと思われる。

インベンション15番は2声である。
右手と左手がそれぞれ単音のみを弾く。
つまり小さい手では届きにくい和音などがない。
その意味では真理さんにとって弾きやすく、
自分の音楽性を制約なく発揮できたことだろう。

この曲は短い曲だが、きちんと弾くには結構難しい曲でもある。
リズム、装飾音、主題と対旋律が右手に行ったり左手に行ったり、
曲想の展開のコントラスト、短調と長調の交錯、
中間部のどう展開するのか不安な盛り上がり、
そしてバッハ特有の、リズミックな中にも物悲しさが漂う雰囲気。
短い曲ながら、非常に豊かなものが含まれているように思う。
これらをさりげなく、しかし鮮やかに弾き分けられるかどうかでこの曲の演奏価値が決まる。
天地真理さんは、これをみごとにやっていると私は思う。



まず私は、ここでのピアノの音が、
そこらへんのスタジオにある、キンキンして薄っぺらいポピュラー用のピアノでなかったことがうれしい。
もちろんもっといい音の楽器、もっといい録音の仕方があるだろうが、
アイドルのたしなみ披露のためだけの、きらびやかでごまかしがきくようなものでない、
クラシックのピアノ音楽を聴く上での必要条件を満たした音だと思う。


Invention1

左手のリズム取りに乗って主題が弾かれる最初の2小節で、
まずそのリズムの良さに耳を奪われる。
左手のスタッカートが鋭くなりすぎず、しかし大変小気味よく拍を刻む。
そして右手は淡々としていながら、短調の主題のもの寂しさがほのかに漂う。
これはそのピアノにあった弾き方(タッチ)を選ぶことで得られるだろう。
3か所の装飾音がそれぞれ微妙に違っていて、
これが曲想に大変よくマッチしたニュアンスを生んでいる。

続いて、主題が左手に移り、右手は16分音符が連なる対旋律というものになる。
(第3小節の2拍目から)
左手の装飾音が歯切れよく安定していて大変うまい。
右手が16分音符で動く中での左手の装飾音は、
リズム通りに弾くだけでも結構難しいのだ。
そして左手が主題を淡々と奏でる中で、右手の対旋律の歌わせ方が素晴らしい。
ここに微妙なニュアンスがあることが聴き取れるだろうか。
試しにMIDIでこの部分の音を作って聴いてみると、
彼女がいかに絶妙にピアノを歌わせているかがわかるだろう。
躊躇なくさりげなく始まる対旋律の入り方(テンポ取り)が絶妙だ。
4小節目の第1拍目の右手が少しふくらんで第2拍目が萎む。
私はこのようなゆらぎに心を奪われる。
そしてここからわずかにリタルダンドしていき、
5小節目の1拍目で、右手の16分音符が4個上がってソ#の装飾音に切り返す。
バロック特有の節回しだが、この切り返しがまた素晴らしくうまい。
ここまでで勝負ありだ。
以後安心してこの音楽に身を任すことができる。

第7小節後半から第1嬉遊部というらしいが、
左手が大きく跳躍するたびに、スタッカートに伴って絶妙な間がある。
そして同時に左手に非常に丁寧な表情付けがある。
右手のタッチも非常にしっかりしていて、つぶぞろいの音が連なり、
クレッシェンドも鮮やかだ。


Invention2

第12小節目から第2提示部というらしいが、
ここでわずかにソフトペダルを踏んでいるように思う。
そしてどう展開していくのか予測できない不安な雰囲気の中にも
跳躍が増えて盛り上がっていく。
ここではめまぐるしく転調し、バッハお得意の半音階的動きが表れているようだ。
ここら辺に来て馬脚を露わすどころか、ますます腕が冴えてくるところがすごい。

18小節目から巧妙な形で左手に元の主題が戻り、
続いて右手に主題があらわれて終わる。
終わりの装飾音とリタルダンドの決め方も見事だ。

ただ弾きました、というレベルからは程遠い。
バロックらしいニュアンス、リズムと装飾音の冴え、
2声それぞれの歌わせ方、
全体の統一感、など文句のつけようがない。
若々しいスピード感まである。
そんじゃそこらのプロも顔負けの名演奏だと思う。

私はこのピアノ演奏を聴いて、
天地真理さんの音楽性の特長として次の3点をあげておきたい。

①大変素晴らしいリズム感
 ロックンロールで激しいリズムを刻むことだけがリズム感の良さではない。
 正確な乗り、旋律の入っていき方、微妙な間、
 これらが大変うまい。
 1976年にライブ録音された「春の風が吹いていたら」などに
 このリズム感の良さが存分に発揮されていると思う。
 私はリズムの良さが音楽の良さの基本だと思っている。
 彼女の歌の心地良さの理由がここにもあるといっていいだろう。

②磨かれた、つぶぞろいの音
 これは彼女の発声の仕方にも大いに通じる志向だ。
 これについてはもう説明はいらないだろう。

③微妙な強弱と音色変化、間、リタルダンドなどによるニュアンス付けのうまさ
 ピアノではソフトペダルの使用だけでなく、鍵盤を弾くタッチの強弱でも音色が変わる。
 これを曲想に合わせて実にうまく使っている。
 これが彼女の、端正な中にも、ニュアンス豊かな歌の世界を築きあげた基礎となっている。
 彼女が演歌歌手のように、感情表出のために曲を大きくデフォルメする必要がないことが、
 これでもわかるだろう。

真理さんは今でもカシオの電子ピアノを弾いているらしい。
どんな曲をどんなふうに弾いているのか
ちょっと聴いてみたい気もする。

2011年6月19日 (日)

天地真理37 AMACHI MARIの名による無言歌

ようやくお披露目となった。
旋律と主要コードは3日ぐらいでできたのだが、
あまりによくできた主題であるために、いろいろと欲が出てしまった。

調やコード、伴奏リズムの変化が状況変化を思わせるので、
いろいろと好みで使ってみた。
既存のPC内蔵MIDI音源のピアノの音が気に入らなかったりして、
自演するほどの腕もないので、音源探しもした。

そもそも私は作曲も編曲もまともに勉強したことがないので、
音楽にうるさい方々に披露するのが、正直たいへん恥ずかしい。
だが私個人で楽しむ分には、かなり満足のいく出来となった。

 

言い訳はこれくらいにして、一応構成に触れておく。

  主題
  真理誕生
  天地真理
  真保ちゃん誕生
  
天地真理(幸せ)
  ちょっと悲しい
  真保ちゃん 真保ちゃん
  
天地真理(幸せ)
  いろいろ集まって
  感謝


Copyright(C) 2011 真(Shin). All rights reserved.

2011年6月 2日 (木)

天地真理36 AMACHI MARIの名による主題

画像の音化」での真理座の記事に対していただいたsakura6809さんのコメントに、
音符以外の要素から音を作り出す例として「BACHの名による曲」というご指摘があった。
BACHをドイツ語の音名表記としてとらえ、変ロ-イ-ハ-ロ(英語音名:B♭-A-C-B)を主題として
音楽を作るというものだ。
J.S.バッハ自身もこの主題によるフーガを作ったらしいが、
有名なところでは、リスト作曲「バッハの名による幻想曲とフーガ」なるものがある。

作曲家は、とにかく何でもいいので主題(テーマ)がほしいのだ(と思う)。
一流の作曲家なら、それさえあれば、後は変奏技術、編曲技術でどんどん曲が作れるのだろう。
とりわけその主題が大バッハの名からきていると思えば、
それだけでその曲の前にひれ伏したくなる。

私はsakura6809さんのコメントに応えて、
「AMACHI MARI なら、できないものを飛ばしてA、A、C、H、A=AACBAですか。」
となにげなく書いたが、
その後、何でドイツではHがロ音(B音)になるのか、などを調べていたところ、
音名や階名にはいろいろなものがあるということに気付き、稲妻が走った。

日本の音名:イロハニホヘト=I Ro Ha Ni Ho He To
アメリカ・イギリスの音名:ABCDEFG
ドイツの音名:AHCDEFG
イタリアの階名:La Si Do Re Mi Fa Sol=ラシドレミファソ

このどれかに当てはまれば、それを音としていいのではないか。

そこで天地真理 AMACHI MARI をイタリアの階名(ドレミ)に変換してみると、
A=ラ
M=Mi=ミ
A=ラ
C=ド
H=ドイツ音名でシ
I=ローマ字読みでイ=日本の音名でラ

M=Mi=ミ
A=ラ
R=Re=レ
I=ローマ字読みでイ=ラ

並べて書くと、「天地真理」=「ラミラドシラ ミラレラ」 となる。
何の無理も、こじつけもしていない、まっすぐそのまんまで、
名前全体がきちんと音楽になっているではないか!

この主題をそのまま音にすると次のようになる。(クリックで拡大)

Amachi_mari_1_3_4


さて、天地真理さんは「真理ちゃん」と呼ばれていたし、
娘の真保さんのことを真理さんは「真保ちゃん」と呼んでいた。
そこですかさず MARI CHAN、MAHO CHAN をドレミに変換してみると、

M=Mi=ミ
A=ラ
R=Re=レ
I=ローマ字読みでイ=ラ
C=ド
H=ドイツ音名でシ
A=ラ
N≒日本の音名ニがNiであることからニ=レ

M=Mi=ミ
A=ラ
HO=Ho=日本の音名でホ=ミ
C=ド
H=ドイツ音名でシ
A=ラ
N
日本の音名ニがNiであることからニ=レ

つまり、真理ちゃんは「ミラレラドシラレ」、真保ちゃんは「ミラミドシラレ」となる。
「レ」で終わる中途半端さは、音楽として間に挟むのにちょうどいい。
そこで「天地真理、真理ちゃん、真保ちゃん、天地真理」
と並べると、驚いたことに次のようになる!!

Amachi_mari_1_4_4

これはイ短調である。
真理さんらしく明るい長調にしたければ、#を3つ付けてイ長調にすればいい。
調号を付け加えただけなので、「天地真理」=「ラミラドシラ ミラレラ」という階名は変わらない。

Amachi_mari_1_5



本当に驚いた。
sakura6809さんのコメントに対し、
「変奏曲を作るような技量も根気もないもので、どうかご勘弁を。」
と書いたが、事情が変わってきた。
BACHのような4音やそこらのものから音楽を作るのとはわけが違う。
今やこれにコードをつけて曲にしてみたいという、無謀な気持ちを抑えることができない。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ