« 天地真理36 AMACHI MARIの名による主題 | トップページ | 天地真理38 「インベンション」(ピアノ演奏) »

2011年6月19日 (日)

天地真理37 AMACHI MARIの名による無言歌

ようやくお披露目となった。
旋律と主要コードは3日ぐらいでできたのだが、
あまりによくできた主題であるために、いろいろと欲が出てしまった。

調やコード、伴奏リズムの変化が状況変化を思わせるので、
いろいろと好みで使ってみた。
既存のPC内蔵MIDI音源のピアノの音が気に入らなかったりして、
自演するほどの腕もないので、音源探しもした。

そもそも私は作曲も編曲もまともに勉強したことがないので、
音楽にうるさい方々に披露するのが、正直たいへん恥ずかしい。
だが私個人で楽しむ分には、かなり満足のいく出来となった。

 

言い訳はこれくらいにして、一応構成に触れておく。

  主題
  真理誕生
  天地真理
  真保ちゃん誕生
  
天地真理(幸せ)
  ちょっと悲しい
  真保ちゃん 真保ちゃん
  
天地真理(幸せ)
  いろいろ集まって
  感謝


Copyright(C) 2011 真(Shin). All rights reserved.

« 天地真理36 AMACHI MARIの名による主題 | トップページ | 天地真理38 「インベンション」(ピアノ演奏) »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

まさか、これほど素晴らしい曲ができるとは思ってもいませんでした。
真理さんの主題を、偶然ではなく必然だときっぱりおっしゃった真さんらしく、メロディーをいじくり回すことなく、常に真理さん、真保さんの名前を聞き手に意識させてくれます。
やはり、そこには愛されたアイドルであると同時に、歌手、天地真理がもっと高く評価されるべきだと言う作曲者の思いが込められている気がします。
そして、解決しきっていない風に感じる終わり方も、真理さんの歌手としての活動が、必ずしも完全燃焼し尽くしたものでなかった残念さを表しているかの様に、私には思われます。

sakura6809さん

sakura6809さんの一言に端を発し、ちょっと遊んでみたことが、
こんなことにまでなるとは私も思いませんでした。
いろいろな言葉がこんなに都合よく音になるとは。
曲を作りながら、構想段階、後付け段階両方でいろいろ意味を考えるのですが、
こればっかりはいろいろ言ってしまうのがなぜか憚られます。
sakura6809さんにくみ取っていただいた思いは、
sakura6809さんの思いそのものでもあるでしょうし、
さすが歌詞のない曲からいろいろと感じ取る術をお持ちと感服いたします。
ありがとうございます。

こんにちは~☆

落ち着いたきれいなピアノの音色を選ばれていますね。
ほんとうに心地よい曲です。。

音を聴き、音楽を味わうということは、作品にこめた作者の想いを観じてみるということ・・
sakura6809さまのご感想にはそのような心の豊かさが感じられて、なんだか幸せ気分です~


私の場合、いつものように空想の世界へ~(笑)


きらめく海の上。  見渡す限りの青い世界 ・・

船は 大海原を ゆっくり 進んでいく

波しぶき  降りそそぐ光  さわやかな風 白いデッキには・・

丸い水平線を見つめ、夢を語り合う真理さんと真帆さんの姿が☆


このような光景がパっと浮かんできました^^

この曲はもう、真さま個人の喜びの範疇を超えたもの。
心を癒す音楽として、末永くみなさまに親しまれることでしょう!
真理さん、真保さんが笑顔で輝く未来が開かれる、幸運をよぶ作品だと感じられます♪

すてきですね。まるで古典のような趣があります。

失礼ながら、sakura6809さん同様、こんなすばらしい作品になるとは思っていませんでした。
私にはこういう才能はないので、ただただ感嘆です。

日本、ドイツ、イタリア(??)の音名をうまくつかって音の選択肢を広げたアイデアもすばらしいですが、やはり真さんのセンスが光っていますね。私は特に(幸せ)と言う部分に心躍りました。

愛さんも言われるように、私たちファンの想いを静かに伝え、真理さん、真保さんの心をきっと癒してくれる最高の贈り物だと思います。

愛さん

ありがとうございます。
三拍子系なので、船や波を思わせますね。
表記は違いますがショパンの舟歌と同じリズムでした。

ピアノの音は Alicia's Keys というVSTi音源を使ってみました。
音を弱くすると音色もやわらかくなるようです。
気に入っていただいて大変うれしいです。

ひこうき雲さん

ありがとうございます。
主題は昔の文部省唱歌を思わせる雰囲気がありますね。
いろいろ味付けのやり方はあるとは思いますが、
真理さんだからやはり端正に仕上げたいという気持ちはありました。
心躍ってもらえて大変うれしいです。

真理さんに聴いていただけるかわかりませんが、
ご自分の名前が音や音楽になるってどんな感じなんでしょうね。

真さま 久しぶりにおじゃましてます!

この作品はほんとうに美しいですね・・。
天地真理さんへの尊敬といたわりに満ちた構成に、現在 私までも、心から癒されています。

ひとつぶの種が成長し、いくつものステージを経て豊穣の時を迎える喜び・・
いのちの旅路を温かく見守るようなイメージが個人的にはすごく感じられます。
真理さんの歌を心から愛される方々にとって、このメロディーには胸の奥に暖かい光が灯るような、
懐かしさや安らぎがふわっと感じられるのではないでしょうか。

私自身は、真理さんが懐かしいという世代ではありませんので、
大切なことをやり遂げなくてはという、皆さまのお気持ちとは異なる立場ですが、
現在真さまの作品に大きく助けて頂いていることからも、音楽への想いにはいかなる壁もなく、
私たちは心で、その美しさに触れていくものなのだなあ、とあらためて観じています。

ところで、この曲のエンディングは・・
眠りから覚めたお姫さまが、「私夢を見ていたの・・? いいえ、夢じゃないのね・・」
王子さまの腕の中で、そう呟いているかのようです~
お読みくださってありがとうございます。。

愛さん
覗いていただいてありがとうございます。
無言歌、気に入っていただいて大変うれしいです。
おろちさんが、愛さんの「音楽の観覧車へようこそ ♪♪」経由で私のブログを見ておられると聞いて、
その存在の大きさを改めて認識いたしました。
おまけにこの曲に素敵なコメントまで加えていただいていて
大変恐縮です。

この曲の最後の部分、言われてみれば確かに
眠りから覚めてキョロキョロしている風でもありますね。

「懐かしさ」といった雑念なく、真理さんの歌や存在に惹かれておられる方々は、
私のようなものにとって大変ありがたく、力強い存在です。
これからも素敵な音楽と写真と語りを覗かせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/51983875

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理37 AMACHI MARIの名による無言歌:

« 天地真理36 AMACHI MARIの名による主題 | トップページ | 天地真理38 「インベンション」(ピアノ演奏) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ