« 天地真理32 証③ 「天使の約束」-3 人間美2 | トップページ | 天地真理34 画像を音化 »

2011年5月13日 (金)

天地真理33 不世出の証を終えて

構想と少々の下書きがある段階で始めた「不世出の証①②③」だったが、
当初のイメージを大幅に上回る更新回数となった。
天地真理さんの歌の奥行きの深さにその理由があることはもちろんだが、
このBlogを訪れていただいた方々、
さらにはコメントを残していただいた方々が、
私に励みと真剣みを与えたことは確かである。
ここに改めて感謝したします。

私はこのBlogを始めるにあたって、少々不安があった。
せっかく気に入って愛聴している天地真理さんの歌のことを、
根掘り葉掘り分析することによって、
聴き飽きてしまったり、いやになってしまったりしないか、という懸念を持っていたのだ。
しかし、今「不世出の証①②③」を終えてみて
それは全くの杞憂であったばかりでなく、むしろ今まで以上に熱心に、
心からの楽しみを持って、天地真理さんの歌を聴けるようになった。
私はクラシックのピアノ音楽ではそのような経験をしたことはあるが、
流行歌手でこのようなことになるとは、少々驚きだった。
曲によってはそれこそ何度も繰り返し聴き、
局部的に聴き直したことも何度となくあるが、
そのたびに良さが膨らんでいき、しぼまないままある。
やはりこれは、彼女の歌にある「音色美」、「構成美」、
そして少々私の個人的体験や信条とからんだ「人間美」によるものだが、
私の中では、彼女の歌は、繰り返し聴くに耐える、立派な「古典」となっているのだろう。

様々な形式、素材、切り口で天地真理さんの魅力を発信し続けてこられた諸先輩方に比べ、
このBlogのこれまでの内容はまだまだ微々たるものだが、
「不世出の証①②③」を終えてみて、
天地真理さんの歌の魅力が増えこそすれまったく減らないことが確認できたことは、
私にとって大きな収穫だった。
これにより私は何の躊躇もなく、
これからも根掘り葉掘り、感想を綴っていくことができる。


多少の弊害もあった。
彼女の歌を分析することから、
私の中で、いい歌の一つの確固たる基準ができてしまったために、
他の歌手の歌、普段耳にする歌に関する評価基準が上がってしまったことである。
一言でいえば、大いに物足らない歌が増えてしまった。
私は美空ひばりさん的なアプローチを毛嫌いする気持ちはなく、
美空ひばりさんの歌も素晴らしいと感じられるのだが、
恐れ多くも美空ひばりさんの歌ですら、その声質や、表情の付け方などに、
疑義を感ずる時が以前より増えてしまった。
ましてや、今テレビ等で流れてくる歌は...。

もう一つ。
彼女の歌の良さを自分なりにはっきり認識するにつけ、
もうこういう歌手には出会えないだろうという思いがつのり、
切なさが込み上げてくる。
同時に、「歌がうまいとは思わなかった」とか、
「アイドルとして凄かった」とかしか言えない業界の方々、一般の方々には、
1790年ごろだったら、モーツァルトの良さを気付かなかったってことですよ、と言いたくなる。


それにしても、他の歌手のアルバムをあまり知らないから相対的なことは言えないが、
絶対的に見て、歌詞、曲、アレンジなどいずれの観点からも、良い歌が多いと感じる。
証の中では、もっといろいろな歌を残してもらいたかったと書いたが、
「天地真理 プレミアムボックス」に残されただけを聴いても、
天地真理さんの歌に懸ける、企画者、作詞家、作曲家、編曲家の方々の意欲は
並々ならぬものだったことは確かだろう。
ヒットを生むための曲、懐かしいカバー曲、
弦楽器の効いたクラシカルな編曲の少々重々しい曲、
粋なアレンジの効いたさりげない日常的な曲、
フォークソングからオペラ風ミュージカルまで、
明るい曲からしみじみと寂しい曲まで、
様々な心境の時にぴたりとくる曲がある。
決して歌を飾りとするアイドルという扱いではなかったことが窺え、
私にはうれしい。

最後になんと言っても、アイドル業という過酷な日常の中で、
こうやって残すものは残した天地真理さん、
あなたは大したもんです。

« 天地真理32 証③ 「天使の約束」-3 人間美2 | トップページ | 天地真理34 画像を音化 »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

全くもって、真さんの仰るとおりだと私も思います。
真理さんといえども、決して常に100%の出来のはずはありません。にもかかわらず、聴けば聴くほど、新たな魅力や歌のすばらしさの発見があります。本当に、高いレベルの才能や能力を持った歌手なんだと、今更ながらに思い知る今日この頃です。

sakura6809さん

コメントありがとうございます。
100%の出来でないかもしれないのに素晴らしい、ということは、
音楽のような時間芸術に触れると、私もよく考えます。
何度やっても出てくる最大公約数のような部分が実力なのでしょう。
そして時々出るびっくりするような部分が才能なんだと思います。
共感を分かち合え、大変光栄です。

漢字間違いは勝手ながら修正しておきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/50820762

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理33 不世出の証を終えて:

« 天地真理32 証③ 「天使の約束」-3 人間美2 | トップページ | 天地真理34 画像を音化 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ