« 天地真理14 証①音色美 「好きだから」-9(周波数ゆらぎ~ビブラート2) | トップページ | 天地真理16 証①音色美 「好きだから」-11(周波数成分2 鮫島有美子) »

2011年3月12日 (土)

天地真理15 証①音色美 「好きだから」-10(周波数成分1 チェリッシュ)

(Ⅲ)周波数成分(調波構造)
ようやく周波数成分の項にたどり着いた。
天地真理さんの不世出の証①を「音色美」と名付けたが、
それはこの項を書きたかったからだ。
今となっては、これまでの内容も踏まえると、
「音響美」と名付け変えてもいいように思う。

しかしやはり、私にとっての天地真理さんの歌の最大の魅力は、
その声の音色にあると言わざるを得ない。

人の声でも楽器の音でも、
真ん中の”ド”(262Hz)を例にとると、この262Hzの単一周波数のみで鳴っているのではない。
この音程を決めている
262Hzという周波数は、基本周波数といい、
これと共に多くの倍音(基本周波数の整数倍の周波数の音)が同時に鳴っている。
そしてこれが、歌声や楽器音の特徴、つまり音色を決めている。
これを
調波構造というらしい。

私は天地真理さんの歌の魅力は、
この
調波構造にこそ集約されているといっても過言ではないと思う。

天地真理さんの調波構造の特徴を認識するためには、
どうしても他の歌手と比較せざるを得ない。
ここで、他の歌手はダメで天地真理さんだけが良いというつもりは

毛頭無いということだけは、初めにお断りしておく。
このような調波構造を持つ天地真理さんの声が
私は好きだということを、
言い張るだけのことだ。

人の可聴域は20Hzから20kHzぐらいまでと言われている。
その中で最も聴こえやすいのは3kHz付近の音であるらしい。
したがって、歌手として声が良く響き、良く聴こえるためには、
この3kHz付近の成分が強く出ることが最低条件となる。
これを踏まえたうえで、ここでは0Hzから10kHzまでの周波数成分を見ていくことにする。

まず、きれいなファルセット(裏声)の代表として、
チェリッシュ松崎悦子さん
声の調波構造から見てみよう。
1972年録音の「ひまわりの小径」より。

Voiceprint_cherish1

Voiceprint_cherish2

私は中学生時代、この歌を初めて聴いてその純な響きに驚嘆したのを覚えている。
深夜放送でこの曲が流れると、胸騒ぎがするほどの寂寥感に襲われた。
その印象は今聴いても変わらない。

ファルセット(裏声)の一般的特徴としては、
その倍音成分が比較的少ないということだ。
いわば単一周波数である純音に近い。
純音は楽音の仲間に入れてもらえず、
一般的には面白味がなく、
倍音を含まないために音色としての特徴を欠いていて空虚な印象を与える”
とある。
しかし、ビブラートなどのゆらぎを含んだ、倍音成分が少ない、純音に近い声が、
ある曲調に従い、ある状況で響けば、
独特の心地よい響きになる。
そのことがこの歌では証明されていると思う。

この歌手の声は倍音が少なく、
2kHz以下の、基本周波数+2~5倍音からなる調波構造を主体とするところに
最大の特徴がある。
0~2kHzの周波数領域は、「天地真理11」の項で触れたように、
母音を区別するための第1、第2フォルマントがある周波数
領域である。
したがって、言葉として認識できるために最低限必要な周波数領域であって、
音としてならともかく、歌としてはこれ以上減らしようがないぎりぎりの歌声である。

たしゆめ わりでしょうか”、”かぜにかれ でゆくわ”
の赤字の部分では、
基本周波数+2~3倍音であって、
純音に近いためか、はかなく、純粋な印象を与える。

とりわけ、
わたしのゆめは おわでしょうか”、”かぜにふかれ んでゆくわ
の赤字部分で聴かれる、私が胸騒ぎを起こすほどに印象的な響きは、
基本周波数+2~3倍音+かすかに7~9倍音(3kHz台)
となっている。
純音に近い音に、聴覚を最も刺激する3kHz台の音が加わった効果だろう。

もちろん、少し力を入れるとこの歌手は
わたしのゆは おわりでしょうか”、”かぜにふかれ とんゆくわ
などのように、4kHzまでの倍音がはっきりと出て、
より張りのある声も出す。

しかし、この歌手の最大の特長はやはり、やわらかく響く、透明感のある歌声にある。
それは、主として

 基本周波数+2~3倍音(+3kHz台)
の領域の調波構造にあるといえるだろう。

参考までに、純音と、ここで示した調波構造の合成音を最後に示しておく。

基本周波数のみ=純音  ド(523Hz振幅1 単一周波数のSin波)

基本周波数+第2倍音  ド(523Hz振幅1+1.046kHz振幅1)

基本周波数+第2倍音+第3倍音  ド(523Hz振幅1+1.046kHz振幅1+1.569kHz振幅1)

基本周波数+わずかに第7倍音  ド(523Hz振幅1+3.661kHz振幅0.1)

« 天地真理14 証①音色美 「好きだから」-9(周波数ゆらぎ~ビブラート2) | トップページ | 天地真理16 証①音色美 「好きだから」-11(周波数成分2 鮫島有美子) »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/50821316

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理15 証①音色美 「好きだから」-10(周波数成分1 チェリッシュ):

« 天地真理14 証①音色美 「好きだから」-9(周波数ゆらぎ~ビブラート2) | トップページ | 天地真理16 証①音色美 「好きだから」-11(周波数成分2 鮫島有美子) »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ