« 天地真理10 証①音色美 「好きだから」-6(周波数ゆらぎ~チョーキング) | トップページ | 天地真理12 ファンクラブ創会アナウンス »

2011年2月20日 (日)

天地真理11 証①音色美 「好きだから」-7(周波数ゆらぎ~プレパレーション・オーバーシュート)

先日NHKテレビ「サイエンスZERO」で歌声合成技術をやっていた。
初音ミク・
VOCALOID(ボカロ)の開発者、剣持秀紀さん、
Vocalistner(ぼかりす)の開発者、後藤真孝さん、などが出演しておられ、
個々の声の要素から歌を合成していく技術や、
人間らしい歌声に近づける技術、
”ある人”の声を使って、その人が歌ったことのない歌を歌わせる技術、
などが紹介されていた。

ゼロから歌声を作ることを考えると、結構すごいことだと思われた反面、
歌としてみるとまだまだと思えるところもあった。
”ある人”が、なぜ天地真理さんでなくて、安めぐみさんなのか、
合点がいかないところもあったが。

  歌声合成技術関連には、情報処理学会に音楽情報科学研究会というものがあるらしい。
  DTMmagazine という雑誌に「音楽情報処理最前線!」という記事が連載され、
  Vocalistner(ぼかりす)などについての紹介が公開されている。

さて、この番組の中や、上述記事の中で、人間らしい声の特徴として
プレパレーション、オーバーシュート、微細変動、ビブラート、
が紹介されていた。

プレパレーション、オーバーシュート、微細変動、の3つは
”歌唱技術や歌唱スタイルに関係なく生み出される「歌声共通の成分」”
であって、”自然で「人間らしい歌声」としての条件”であるとのことだ。

これらも周波数ゆらぎであり、
既に紹介した天地真理さんの歌の周波数分析結果のグラフに現れているものである。

Voiceprint_preparation

それぞれの定義は、
 プレパレーション=音高変化直前に、変化とは逆方向に振れる瞬時的な変動
 オーバーシュート=音高変化直後に、目標音高を超える瞬時的な変動

 微細変動=発声区間全体で観測される不規則で細かい変動
とのことだ。

ビブラートは後ほど詳しく触れる予定なので、
ここでは、
プレパレーションとオーバーシュートについて、
どんな音響的効果があるのか見てみることにする。

これらは、これまで紹介したポルタメントや短前打音などと比べ、
周波数変化がかなり小さいため、
これ単独の効果はつかみにくい。

そこで合成音を使ってこれらの、有り、無しの比較を行ってみた。

作成した音は、”しろいー”の部分をまねた音になっている。
純音(単一周波数の音)では、あまりに怪談の効果音のようで不気味なので、
倍音をいくつか混ぜて”イ”、
の母音を作ってみた。

  母音の違いは周波数成分の違いらしい。
  人が違っても、母音の種類によって、強く現れる周波数成分(フォルマント)に規則性がある。
  ”イ”は300Hzと2200Hz近辺の成分が強く出る。
  ”オ”は480Hzと900Hz近辺の成分が強く出るらしい。
  天地真理さんの歌でも”しろいー”の部分の母音”イ”、”オ”、”イ”ではそのようになっている。
  したがって、合成音でも、上記周波数領域に対応した倍音を相対的に強くすると
  ”イ”や”オ”に近い音ができる。

また、”し”の子音”sh”は摩擦音なのだが、まじめに作ると面倒なので、
白色雑音でよかろうということで、正規乱数を発生させて波形を作り、

申し訳程度に、”イ”の音の前にくっつけてある。
”しおいー”と聞こえれば御の字である。
かえって怪談の効果音以上に不気味になったかもしれない。
まあ、おいそれと「初音ミク」のようにはいかないわけだが、
一応、3つの音程の間は「超軽微ポルタメント」でつないである。

ではまず、プレパレーションとオーバーシュートがない音を聴いていただきたい。

Voiceprint_preparation1

ゆらぎのない、いかにも合成音といった感じだが、
3つの音程のつなぎは、思いのほかなめらかで癖がないように思われる。
次に、
少し大き目のプレパレーションとオーバーシュートを加えた音を
聴いていただきたい。

Voiceprint_preparation2

”しーゥおーゥいー”と聴こえる。
波形からも予想できる、反動をつけたような、少し演歌っぽい癖のある音になったように思う。

天地真理さんの場合は、第6倍音でみて20~40Hzぐらいのプレパレーション、
30~60Hzぐらいのオーバーシュートである。
これを合成音で聴いてみると次のようになる。

Voiceprint_preparation3

プレパレーションとオーバーシュートは、
無いと、すっきりした、あるいは”ツルン”とした感じになるようだが、
大きく付きすぎると、揺すられるような癖のある音となるようだ。

天地真理さんの場合、プレパレーションとオーバーシュートは控えめで、
言葉の輪郭が自然に聴こえる、程よいものというところだろう。

« 天地真理10 証①音色美 「好きだから」-6(周波数ゆらぎ~チョーキング) | トップページ | 天地真理12 ファンクラブ創会アナウンス »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

真さま こんにちは。。

この季節、雪景色を眺めながら思ったのですが・・

天地真理さんの歌声は、雪の結晶のようだな~って。
一つ一つの歌はそれぞれ異なるテーマやストーリーを持ちますが、真理さんの歌唱とは、
歌ごとに声を構成する要素が微妙に組み合わせを変えながら、個々のストーリーを様々な結晶にして描いているようかのよう~  雪の結晶のように同じものはなく、純真無垢な顔。優美な顔。凛々しい顔。静かな哀しみの顔・・  実に細やかに、すべてに新鮮な表情を見せているように感じられます~   まさに白雪姫だわ^^


ボーカロイドの世界はとても楽しいですね~☆
歌唱の分野での研究には、真理さんの声はサンプルの鏡ですよ。なぜ他の方なの~(笑)
歌声にもそれぞれ固有の周波数があり、聴き手もまた然りですが、発振した声が、
相手の世界へ違和感なくごく自然にとけこんでいく・・そのような透明度、調和度の高さにおいて、天地真理さんの声とは理想像であり、研究の末に到達する完成品の貫禄ありかも!


合成音の研究では、人の声の持つ基本的な周波数をベースに、“ 肉声 ”の感覚をどこまで
人工的に再現できるかが鍵といえるようですが、これは、基本周波数にどれだけ動き(ゆらぎ)を加えていけるか、息吹(熱)を吹き込んでいけるか・・ということになるでしょうか。
私もユーチューブでミクのコンサートを楽しみましたが、人の声との違いで大きなものは、
声にふくらみ、厚みがないため、生の声の持つ「温度」が感じられないということです。
もし日頃、真理さんの歌に親しんでいなかったら、それもよく解らなかったかも・・。
ほんとうにありがたいことです!


私は歌のことも音声に関しても、知識を持ち合わせていないので、記事の感想を書こうにもきちんと書けませーん。記事からポンポン浮かぶ空想だけであります~ とんちんかんなこと書いてたり、明らかに空想ミス?がある場合、恥ずかしいのでちゃんと言ってくださいね(笑) 最近いいなあ・・とつくづく思うのは、 「ある恋の感想」という歌。真理さんの声が絶妙なのです。 もともとちょっとハスキーな要素を含んでいるお声なんですね・・
お読みくださってありがとうございます!

愛さん

こんばんわ。
このコメントしにくい記事にコメントありがとうございます。
予定外の挿入記事です。
記事によってはスルーしてもらって結構ですよ。

歌の味の決め手は、ビブラートと音色変化にあると思うのですが、
なかなかそこまでたどり着きません。
皆さんももどかしいでしょうが、
書いている私自身ももどかしいです。

「ある恋の感想」とても味がありますね。
いいと言われてみてから聴くと、またいいです。

「ある恋の感想」 すてきですよね、 夕暮れ時の街角の空気まで届いてきそう。
偶然の再会から始まる、ひとときのシーン。   戸惑い、ときめき、そして感謝・・  
この歌では、女性の心の変化が時間の経過とともに描かれていますね。
「あなた」 「ブランコ」と共に個人的にはベスト・スリーと言えるくらい、真理さんの
歌ごころに共感する作品です。

とても丁寧に書いておられる真さまの記事は、楽しくて読みごたえ抜群です。
コメントさせて頂いてあらためて感じるのは、自分の内側の感覚的なものを
既存の「文字」を用いて、かたちとして表現するのは何て大変なんだろう、ということです。

人の声は内面の世界や意志を伝達すると、何かで読んだのですが、
真理さんの歌声には、相手の心に豊かさを感じさせるほどの説得力があることからも、
その要素の割り出しと研究は本当におもしろいなあ・・て感じられます。
もどかしいどころか、おもしろ過ぎて目が点になっています!
どうぞ真さまも、楽しまれながら進めていってくださいね~☆

愛さん

ありがとうございます。
私が一番楽しんでいるのは確かです。
真理さんに恩返しするどころか、
いまだに与えられています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/50859478

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理11 証①音色美 「好きだから」-7(周波数ゆらぎ~プレパレーション・オーバーシュート):

« 天地真理10 証①音色美 「好きだから」-6(周波数ゆらぎ~チョーキング) | トップページ | 天地真理12 ファンクラブ創会アナウンス »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ