« 天地真理7 証①音色美 「好きだから」-3(音圧検証) | トップページ | 天地真理9 証①音色美 「好きだから」-5(周波数ゆらぎ~ポルタメント) »

2011年1月17日 (月)

天地真理8 証①音色美 「好きだから」-4(弁解)

正直に言うと、前項の検証記事を出すべきかどうか迷った。

その理由の一つは、検証結果の微妙さにある。

天地真理さんの言葉の発声の柔らかさを、音圧変化だけに着目して、
波形の立ち上がりの緩やかさに、その一因を求めたわけだが、
前々
で波形を示して解説していると、もっともらしくもある。
そこでやめておけば、そうかもしれないということで終わっていたかもしれない。

しかし本当にその仮説が正しいかどうかは、それだけでは定かではないわけで、
そこの違いが実際にどう聴こえるかを確かめてみたくなり、

合成波形で比較する方法もあったが、
実際の声を使って変えてみる方が面白味があるだろうと思ってやった結果である。

私自身、波形の立ち上がりを緩やかにした松田聖子さんの声を聴いて
オリジナルと比べて、思ったほど差がないと感じた。
ファイルを間違えたかと疑ったこともあったが、
両耳にイヤホーンをしっかりはめ、その気になって聴けば、

言葉のはじめの、突き刺さってくるような、はじけるような感じは緩まっている。
このようなソフトな立ち上がりが続けば、歌全体にやわらかさが漂うのではないかと、
彼女の歌の魅力の一端を言い当てた気になり、にんまりとした。

しかし一方で、思ったほどの差がない印象も強い。
真理さんの声の立ち上がりの柔らかさだけに関しても、
その半分も再現できていないと思う。
これは皆さんが聴いて感じられたところではないかと思う。

他の歌手と比較する場合、同じ歌で比較しなければはっきりしないこともあるし、
音圧波形の振幅を変えるだけで似せようというのも無理がある。
周波数成分の変化(いわゆる声紋)を見ると、もう少し違った観点もある。
しかし仮説を披露したからには、その因子がどれだけ効いているかを聴いてみてもいい。

大げさに波形を示して、もっともらしく違いを示した割には、
実際の音の差は思ったほどではないというギャップも滑稽だし、
もし差が聴き取れる方がいて、それが彼女の言葉の柔らかさと関係がありそうだと
思う方が出てきても(私がそうだが)、それもどことなく滑稽である。
そう思って掲載することにした。

私は工学の世界にいて、仮説と検証の厳しさを多少なりとも経験してきたつもりである。
仮説を立て、こうではないかと主張することは楽しい。
しかし、現実に起こっている現象をその仮説で本当に説明できるかと問われたとき、
それがうまくいったことは数えるほどしかない。
とりわけ製品として世の中に出るなど、現実の世界にさらされると、
その仮説や解析の不十分さ、的外れさを突きつけられ、
厳しく罰せられることも少なくない。

工学者の意地と誇りがあるとすれば、
もっともらしい仮説を示して煙に巻いたり、
手の込んだ方法で検証をしてみせて再現したと言い張ることにあるのではなく、
その結果を皆さんがわかる形で示し、
皆さんの評価を仰ぎ、自分でも素直に見つめることにあるのではないかと思う。
皆さんの耳にこそ真実の世界があり、
仮説は往々にして間違っている。
その結果についての評価は、素直に分かち合いたいと思う。


もう一つ、迷った理由は、
ちょっとでも具体的に、客観的に分析したら、
常に検証しなければならない、検証がなければ信じるに値しない、という姿勢を、
この音楽芸術の世界に持ち込むことの無粋さである。

私は本来、連想的、情緒的文章を得意とするつもりであるが、
ついつい遊び心で始めた波形解析に多少の反響があったため、
引っ込みがつかなくなってしまった感が
 ある。
こんなことは音声の専門家がやればもっとたやすく、
的確に解析できるのではないかという気もする。

この調子だと天地真理さんの声を合成するまで続けることになるのだろうか。
しかし、もしそれができたとしても、やっぱり本物の方がいいだろうし、
それで彼女の歌の魅力がわかったとはとても言えないと思う。

私が波形解析を持ち出してまで彼女の歌の魅力を語りたくなったのはなぜか。
もちろん、他の歌手と比較してここが違う、ここが他の歌手と天地真理とを分かつ
決定的な差だ、というものを見出したい気持ちもある。
しかし、音楽というつかみどころのないものを、
一旦波形や分析グラフなどに視覚化し、
それと、自分の心にある音楽体験と照らし合わせることによって、
検証可能な、あるいは検証不能な仮説まで湧きだし、
新たな気付きや感動が得られるのではないかという期待の方が大きい。

今は、照らし合わせる素材が波形解析であるが、
今後ある時は、連想する事物であったり、他の音楽であったりすることだろう。

ここを見に来られた方は、私の結論を盲信しないでいただきたいし、
大いに検証不能な仮説や妄想を膨らませてもらいたいと願う。
ここは答えを見つける場ではなく、
答えを見つけようともがくプロセスを楽しむ場であり、
その答えは、間違いなく永遠に完結しないはずである。

« 天地真理7 証①音色美 「好きだから」-3(音圧検証) | トップページ | 天地真理9 証①音色美 「好きだから」-5(周波数ゆらぎ~ポルタメント) »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

イッチーです、 これから寝ようかと思いましたが気になったので、チョコット コメントを。
なんか、私には 良く わかりませんが・・・
天地真理さんが、好きなので、、、色々と 多角的に、やってみよう~! と言う軽い気持ちで
如何でしょうか(笑)
アインシュタインさんも、「失敗をしたことが無い者は、何も新しいことに挑戦したことがない」って、
言っているようだしねぇ。  まあ、良いと思いますよ(笑)

でもって、私も、「甘い香りのお茶」は、どうすりぁ~っいいんだ! って、散々考えて。。。
試行錯誤で「火入れ」をして、何百万円も無駄にしましたぁ~ ・・・・(笑)

目が開いていられない、、、、寝ますだ。zzz

イッチーさん

励ましのお言葉、ありがとうございます。
時々こういうことが書きたくなってしまいます。
見逃してください。

お茶の世界も奥が深そうですね。製法も効用も。
体にいいものを扱っているというだけでも
張り合いがありそうです。
お茶を飲んでおられるから大丈夫とは思いますが、
お体にお気をつけて。

真さん こんばんは

読ませていただき、理系の方の真摯で厳密な思考に襟を正しました。
私などは文系人間なので、大雑把かつ感覚的に結論を出してしまいがちです。
イッチーさんもおっしゃるようにそれはそれでいいと思うのですが、多くの人に納得してもらうた
めには客観性がやはり必要ですね。その意味で、真さんが試みられていることは素晴らしい
ことだと思いますし、確かに前回の実験は思ったほどはっきりしなかったかもしれませんが、
試行錯誤の一つだろうと思います。これからの展開を楽しみにしています。

こんばんわは 
 真さんの真摯で探究心あふれる姿勢、言葉にするのは難しいのですが、本当に素晴らしいと思います。それにしても真理ちゃんファンはいろんな感性を持たれた方々が集まり、正に「人は石垣、人は城」のようで頼もしい限りです。
 真理ちゃんの歌声に丸みのある柔らかさを感じていましたが、立ち上がりの緩やかな波形に見事に表れているように思ってしまいました。それと音圧の変化が聖子さんのそれは横軸に直線的なのに対し、真理ちゃんのは小刻みに変化していますね。彼女の声に厚みを感じるゆえんでしょうか?素人の勘違いでしたらお許しください。
 ところで、松田聖子さんの波形に関数を加工された件ですが、私も何度も聴いてみました。出だしの「あ」は聴き分けができるような気がします。とは言っても妻にアットランダムにクリックさせて7割位でしょうか。天地真理病だと思っていたのですが少し残念です・・・・・!(笑)

真理さんの歌声の立ち上がりの特徴に関する記事を読み、私も思い当たることがありますので、コメントさせてください。

というのも、オーディオファンの間では、立ち上がりの良さ、ということが、よく言われます。
もちろんそれは、機器でも、ケーブルでもなんでも、プラスの評価で言われるわけです。

以前ちょっとだけ申し上げましたが、昨今流行のPCオーディオのメリットとして、縦軸でいうと、CDの16ビットよりも、ハイレゾリューションである24ビットを聴けることがあります。しかしながら、どうも最近、真理さんのCDからWAVでリッピングした後、24ビットに伸長させたファイル(それ以外にも色々と処理を加え)を聴いていると、たしかにオーディオ的にはベターの感はあるんですが、ひょっとすると、元の16ビットのほうが真理さんらしいように思えるときがあります。(ただし、いつもそうではありません。)

横軸については、44.1kHzよりもハイサンプリングの96kHzや192kHzにしたほうが滑らかであり、下のほうが安定した鳴り方になって、元々の音質(このジャンルに特徴的な制作音源)を改善してくれる感があります。


真さんが意図される趣旨とは異なるかもしれませんが、うん、なるほど、と思った次第です。
音楽、そして人間の感性は、実に複雑で、だから楽しいものだと思います。

ひこうき雲さん

励ましのお言葉ありがとうございます。
書き始めたばかりなのに、言い訳がましいことを書いて
申し訳ありません。
振動学は私の専門にかすっていますが、
音声に関しては初めてで、
音声解析の専門家、鈴木松美さんの本3冊、
イッチーさんお得意の1/fゆらぎの専門家、武者利光さんの本3冊、
を読んでにわか勉強をしてみたのですが、
どうも一般向けを意識したのか、肝心なところが書いてないような感じで
自分でやってみて、自分で考えるしかないかと思っています。
どうかこれからも率直なご意見をお願いいたします。

まっちゃんさん

コメントありがとうございます。
奥さんにクリックさせて聴くとは何ともほほえましい限りです。
そこまでやる必要があるの、ということをクソまじめにやる滑稽さを
ご理解されているようで、励みになります。
まっちゃんさんの耳が正しいです。
皆さんを悩ますような例をもう少し続けさせてもらいます。
懲りずによろしくお願いします。

エンポケファンさん

コメントありがとうございます。
おもしろいですね。
今はCDをWAVリッピングしたものを解析ソフトにかけています。
これだと周波数解析するとそれらしい声紋が出てきて、
これが魅力かなどと考えたりしていますが、
YouTubeの実況録音などを周波数解析すると、
ノイズに埋もれて、考えていたようなパターンが見えないにもかかわらず
耳で聴くとあの天地真理トーンが魅力的に鳴っています。
44.1kHz以上サンプルしても無駄だとかよく言いますが、
人間の耳は、エンポケファンさん程ではないにしても
恐ろしいほど敏感に聴き分けられるし、
逆に粗末な音源からも魅力を抽出できるように感じています。
真理さんらしいよさとは何なのか、
その答えに迫れそうで迫りきれない奥深さもあると思います。
こらからも興味深いご意見よろしくお願いいたします。

真さん、私の言葉足らずのコメントにレスポンスいただき、ありがとうございました。

お返事の中で、”YouTubeの実況録音などを周波数解析すると、ノイズに埋もれて、考えていたようなパターンが見えないにもかかわらず、耳で聴くとあの天地真理トーンが魅力的に鳴っています” とおっしゃっていますが、私も同様に感じることがあります。それは、真さんや私の心が、「聴きに行こうとしている」からではないでしょうか。
この場合、私達の心が、無意識のうちにノイズ(雑音)を排除してくれているのかなとも思っています。そして、私などは駄耳ですが、耳だけでなく、体で聴いているということも、日常思い当たります。

私は文学部系の人間で、情緒的なタイプのくせに、昨今PCオーディオに凝っているせいか、どうしても頭でっかちになりがちで反省しています。本日着信した、業界で結構有名な方のメルマガに、”本来、音楽はデジタルと対極にあります。数字に置き換えられないから、言葉にできないから「音」すなわちアナログで気持ちを伝えるのが音楽です。”と書かれてありました。真理さんの歌の魅力も、まさにこうして伝わってきているのだと思います。また、おそらく真理さんファンひとりひとりが、色々な聴こえ方、感じ方をしているでしょうね。

それにしても、彼女の歌は、聴けば聴くほど、色んな魅力が発見できて、本当に素晴らしいですね!私の勝手な希望としては、真さんが得意とされている「妄想」領域の記事を読みたいところです。

エンポケファンさん

ご指摘の”心が、「聴きに行こうとしている」”状態こそ、
皆さんが、それぞれの体験や知識、感性で音楽を豊かにしているポイントだと思います。
クラシック音楽など、経験が浅いとなかなか魅力がわかりにくいですが、
いろいろ聴き込んでいくと、どんどんはまっていくのもそういうことと無関係ではないと思います。
ただし、はまる要素を多くもった曲、演奏があるのも事実で、
それが名曲、名演として残っているのでしょうけど、
天地真理さんの歌が「聴けば聴くほど」なのは、
私は古典と言っていい名曲、名演の条件を満たしているのだと思います。

「妄想」領域の記事の件、書きたくてウズウズしていますが、
もう少々ご辛抱を。

初めまして。突然ですが、お邪魔します。
真理ちゃんの歌声の立ち上がりについて、
前スレで愛さんのいう「あなた」という曲を
YouTube で何人か探して聴いてみました。
本家の小坂明子さん、なんと松田聖子さん、
異色ですが、1/fゆらぎを持つと言われている徳永英明さんの
お三方を見つけました。

“ サビ ”の部分で繰り返される “ あなた ”ということば、
あなた  あなた  あなたが いてほしい・・・・
やはり、真理ちゃんの立ち上がりの柔らかさがよくわかります。
徳永さんはやはり異色でしたw

また、「恋は水色」の曲も何人かを見つけて聴き比べてみました。
森山良子さん、岩崎宏美さん、小柳ルミ子さんのお三方が
唄ってらっしゃいます。
「恋は水色」の曲の中の
あおいうみは あなたの あいのいろ
ここでも、 “あ ”で続く立ち上がりの違いがよくわかります。
また、それに続く、“ サビ ”の部分の
こーいーは みーずいーろー
後の “いー ”の少しハスキーがかりながら、
伸びやかに広がる感じが、
他の方にはない真理ちゃんの大きな特徴であり、
真理ちゃんの真骨頂かなあと思いました。

真さん こんばんは

この場を使わせていただいてお願いですが、近々、私のサイトの更新を予定しています。その際、「関連サイト紹介」というページで、こちらのブログも紹介(リンク)させていただきたいと思っています。
特に不都合がなければご承知ください。よろしくお願いします。


ニコラさん

はじめまして。
ちょっと更新に手間取っていますが、
次に予定している周波数解析の編で結構面白いものが見えています。
ご指摘の部分にかなり関係すると思うのですが、
またお読みになったらご感想をお願いいたします。

ひこうき雲さん

サイト更新ご苦労様です。
こちらは勝手に浮き出る紹介付きでリンクさせていただいています。
申し訳ありません。ご容赦ください。
ひこうき雲さんのサイトにリンクを貼っていただけることに
不都合などあろうはずがありません。
光栄です。
その名に恥じないようにしないといかんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/50610936

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理8 証①音色美 「好きだから」-4(弁解):

« 天地真理7 証①音色美 「好きだから」-3(音圧検証) | トップページ | 天地真理9 証①音色美 「好きだから」-5(周波数ゆらぎ~ポルタメント) »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ