« 天地真理2 挨拶2 | トップページ | 天地真理4 不世出の証 »

2011年1月 1日 (土)

天地真理3 不世出の名歌手

天地真理3 不世出の名歌手

 私は天地真理さんが歌ったある曲を聴いて、彼女を不世出の名歌手と呼びたくなった。ザ・ワイルドワンズの「想い出の渚」という曲のライブ録音である。Tom Jonesのシングルレコード盤「Delilah」を聴いて以来の衝撃だった。歌唱技術がどうこうというのではない。一言でいえば、圧倒的に素晴らしい声である。歌詞と曲調がおのずと期待させる盛り上がりの部分にこの声が出た時、私はノックアウトされた。Tom Jonesが「... She was my woman ...」のところで聴かせた時のように。

 私がYouTubeでそれを聴いたのは、つい最近(2010年11月)のことである。それまでも私は、天地真理さんは、巷のアイドルとしての評価以上に、繰り返し聴いても飽きない、素晴らしい歌手だと考えてはいた。だがこの曲を聴いて、その考えは不十分であると思うに至った。

 断わっておくが、天地真理さんがこの曲のみにおいて、奇跡的に素晴らしい声を出した、ということではない。他の曲の中に既にあり、今まで薄々感じ取っていたことが、自分にとって愛着のあるこの曲のある部分で端的に現れることによって、私にはっきりとした気付きを与えた、というべきだろう。やはりそうだった。
天地真理さんは歌手としてとんでもないものを持っていたのだと。

 この気付きは私に2つのことを決断させた。一つは、「不世出」と言うからには、彼女が残した公式音源であるCD全集、「天地真理プレミアム・ボックス」の中にこそ、その証があるはずだ。それをもう一度聴き直し、見つめて直してみよう。それとともに、DVDとして残されているドラマ「時間ですよ」での歌唱場面、そして非公式に残され、YouTubeに投稿された音源で、私が手に入れることができたものすべてを聴き直してみよう、他の名歌手の歌を聴き直し、カバー曲は聴き比べもしてみよう、と思い立った。一時の感傷でなく、冷静に比較して、やはり「不世出」と思えるのか、その期待と不安が心にあったためだ。

 もう一つは、以前から彼女の歌の魅力を何らかの形で語ってみたいと思っていたが、今や、語らなければならない、に変わった。語るべき核のようなものができたように感じたためだろう。

 天地真理さんの歌を褒め称えるサイトがいくつかあることは承知している。まさにそうだと思うことの多くが既にそこにある。いち早く天地真理さんの歌の魅力に気付き、ライブ録音などを私的に残されている方々もいて、YouTubeに投稿されてもいる。それで充分だ、所詮音楽を言葉で語ること自体ナンセンスである、ただ聴けばよい、と言えなくもない。

 しかし相変わらずテレビでは、「アイドルとして凄かったんですから」、という切り口での振り返りしかなされないことに、もう十分だと言いたくなる。そろそろ、「実を言うと...」という切り口がテレビやマスコミにもほしい。実は歌手としてとんでもないものを持っていたにもかかわらず、それとは別の側面を、テレビは印象付けていていた、などと。そっちもとてつもなく素晴らしかったが。

 また、歌のうまさ、素晴らしさは、美空ひばりさん的なものだけではないはずで、私なりの感じ方を表現してみる価値もあるのではないか。語りつくせていない天地真理の歌の魅力を語ることによって、あわよくば、言葉から気付きを与え、歌の魅力にはまっていくというプロセスに加担してみたい。

 そして、共感を得られるかどうかはわからないが、既に天地真理さんの歌の魅力を語っておられる方々に続く一人に、+1になってみたい。ひょっとしたら天地真理さんへの恩返しになるかもしれない。

 そのような思いから、私は天地真理さんの歌について、ここで思いの丈を語ることにした。例によって、とりとめなく、グダグダと続く話にうんざりされるかもしれないが、暇な時にお付き合いいただければと願う。

 のっけから紹介できない音源に対する話から始まり、フラストレーションをためるばかりであることをお許しいただきたい。最初に触れた曲をまだ聴いたことがなく、志のある方は、YouTubeの chiccyaiwatashi さんのチャンネルに注目すれば、またいつか出てくるかもしれないとだけ付け加えておく。

« 天地真理2 挨拶2 | トップページ | 天地真理4 不世出の証 »

天地真理」カテゴリの記事

コメント

真 様
あけまして、おめでとうございます。
ちいさな私/chiccyaiwatashiです。

わたしのyou-tubeのチャンネルを
紹介していただき、大変恐縮しています。
もう少し、ネタ?がありますので
ポチポチ、アップしていきます。

「真」さんの今後を期待しています。

真さん 
あけましておめでとうございます。

さっそくブログを開かれたのですね。
また一人、心強い“同志”が私たちの仲間に加わってくれてうれしいです。
真理さんにとっても、うさぎ年の新年最初の贈り物になったと思います。

これからよろしくお願いします。

ちいさな私 さん

あけましておめでとうございます。
こんなに早く見つかるとは、うかつでした。

私もやろうと思えばできたはずの、当時の録音が、
私にはできませんでした。
その情熱のなさ、気づきのなさを悔いています。

貴重な歌声を残されている、ちいさな私さんのような方々を
本当に尊敬します。
間違いなく「天地真理伝説」を形作る核になっていると思います。

これからも宜しくお願いいたします。

ひこうき雲 さん

あけましておめでとうございます。
HP、Blogを畏敬の念を持って拝読させていただいている方から
早々にコメントをいただけるとは本当にありがたいです。

あのようなレベルにはとてもなれませんが、
諸先輩の方々に少しでも続ければと思っています。

これからも宜しくお願いいたします。

真さま

明けましておめでとうございます

このたびはブログご開設おめでとうございます!! すばらしいですね。 

真理さんのうたには、人に本来備わっている自由な表現力、想像力、創造性という「種」に
滋養を授け、穏やかな開花につなげていくような、ヒントやメッセージ性に富んでいることが、
私にとっては最大の魅力です♪
作品の探究を通して、私たち一人一人が何かを生み出していけたらすてきですね・・☆

天地真理さんのうたの世界が、真さまのご内面を通してどのように展開するのでしょう!
そして・・それは真理さんへのねぎらいになるだけではなく、真さまご自身の人生にすてきな実りとなって現れるのだろうなあ・・って観じられました。

愛 さん

あけましておめでとうございます。
もう1ページ書いてから各方面にご挨拶をと考えていたものですから
リンクの申し出もせずに済みません。
7777aiaiさんのチャンネルに早くもこのBlogの紹介が。
ちょっと焦ります。

愛さんのコメントはいつも3回は読んでしまいます。
文学的香りがするものですから。
自分の人生への実りってのはどうにも、
真理さんへの恩返しなどと言っておきながら、
やればやるほど、真理さんからもらい続けているってことを実感します。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569269/50459832

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理3 不世出の名歌手:

« 天地真理2 挨拶2 | トップページ | 天地真理4 不世出の証 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ